BLOG

RE:FACTORYスタッフの日常。

ALL 2022コラム 物件探し その他 リノベ日記 コラム イベント お知らせ メディア 未分類

イベント

2022年6月10日

6/5オープンハウスご来場ありがとうございました!

 

こんにちは

RE(アールイー)デザイナーです

 

みなさんはどのくらいの頻度で

本屋さんに行きますか?

私は月1もしくは2くらい行きます。

1時間滞在の時もあれば、

3時間とか平気でいたりします。

将来は家に本だらけの部屋を作りたい、

それくらい本が好きなんです...

 

コミックは電子書籍で購入しているのですが、

文庫本、小説、図鑑、写真集などは

やっぱり紙媒体で持っておきたい!

昔より書店が減っている気がして少し悲しいです...

 

どこかのブログでお気に入りBOOKについて

紹介したいと思います!

気が向いたら見てみてくださいね...

 

前置きが長くなりましたが、

今回は先週日曜日に開催した

中区MSオープンハウスの様子をご紹介。

リノベ日記最終回でもありますので、

過去の記事と併せて読んでください。

〖 過去の記事はコチラから 

  vol.1  /  vol.2  /  vol.3  /  vol.4  〗

 

築34年/59㎡のご実家MS

リノベした今回の物件。

コンパクトな大きさですが、

それを感じさせない工夫を詰め込みました!

当日にはインスタライブにて

簡単にポイントを説明しております。

アーカイブに残しておりますので

お手隙の際にチェックしてください!!

【6/5オープンハウスインスタライブ】

 

20220610-1.JPG

△玄関土間

グレーの塗り調のクロスでトーンダウン
開放下足棚は可動式で、
履物の高さに合わせて使えます!
子供部屋と繋がる内窓は木製で、アクセントに...

 

20220610-2.JPG

△照明を点けると...

ガラス製のペンダント照明は
お客様が選んだもの。
壁には特徴的な模様が浮かび上がります!

 

20220610-3.JPG

△廊下から玄関

居室のトーンと比べると、
かなり印象が違いますよね!
トーンを抑えた玄関~廊下から、
LDK、各居室へと入ると、トーンの違いにより、
明るく開放的に感じます。
 
ちなみに、廊下に面する扉は
廊下側と居室側で色を変えています。
(廊下側は廊下の壁の色合わせ、居室側は白色)
細かい工夫も随所にちりばめられています...
 

20220610-4.JPG

△オーダー制作のLDKドア

廊下からLDKへと入る入り口には
オーダー制作の木製ドア
ガラスを入れて、視線が抜ける仕様に。
 

20220610-6.JPG

△LDKドアから

眺望の良さもこのMSのポイントの一つで、
窓辺にダイニングテーブルを置いているのは
景色を楽しむため
 

20220610-5.JPG

△リビング

過去の記事でも取り上げていますが、
わざと段差をつけて、床をヘリンボーンに変えたくつろぎ空間
奥の壁にはタイルを張り、
TVは壁かけ仕様を予定しています!
 
TVの配線を隠せるこの造りは、
見た目にもスッキリ
TVボードの置き場所を取らない
という2つのメリットが...

 

20220610-7.JPG

△ダイニング、キッチンスペース

眺望を楽しみながら食事できるダイニング
そのすぐ横に配置されたキッチンスペース。
この動線はお施主様ご家族の
ダイニングでの過ごし方から着想を得ました!
 
また、キッチン背面壁はギャラリーでもあります。
アート作品を飾れば、モルタルとの相性抜群!
 
広さとしては13帖ほど
(リビング、ダイニング、キッチン)ですが
限られた空間の中で、しっかり余白を取りながらも
動線はきっちり確保しています。

 

20220610-8.JPG

△ギャラリーと照らす隠された照明

作業台とデスクを上から照らす照明は、
光源が見えないようにわざと隠して設置
このひと工夫が
よりギャラリーっぽさとスッキリ感を演出。
夜に眺めるとまた一味違った印象になりそうです...

 

さていかがでしたか?

コンパクトなお家の中に、

そう感じさせない工夫と技が盛り込まれていたかと思います!

 

物件によっては狭くても天井高が高い、景色がいい

など他にはない魅力を秘めたものもあります!

そんな物件を探すお手伝いも行っておりますので

お気軽にご相談くださいね!

 

今回のリノベ計画にかかわっていただいた

職人さん、業者の皆様、

また、RE(アールイー)を選んでいただき、

オープンハウスの開催を

快くお引き受けくださったお施主様、

ありがとうございました!!

 

それではまた次回ブログにて。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ご新規のお客様へ

  

いつも弊社ホームページをご覧いただきありがとうございます。

〈土日祝のご対応について〉

事前にご予約をいただいた方のみ、

ご案内をさせていただいております。

また、土日祝は電話に出られないことが多いため、

お手数ではございますが

お問合せフォーム

MAIL | RE:FACTORY (re-factory.jp)より

お問合せいただけますと幸いです。

※後日、改めてご返信させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------