BLOG

RE:FACTORYスタッフの日常。

リノベーション

2019年2月17日

海が望めるマンションリノベ【宇品】

こんにちは!

スタッフの川本です。

 

実は1月から、新たな現場がスタートしています!

それがこちら、宇品のマンションリノベーションです。

まずは解体前、元の間取りの様子。

20190217_1.JPG

南側のお部屋は、半分がリビング、もう半分が和室となっていました。

その間の間仕切りを解体すると、、、

20190217_2.JPG

バルコニーに面したふたつの大きな窓から部屋全体に光が射して気持ちのよい空間に。

20190217_3.JPG

海もよく眺められるようになりました!

20190217_4.JPG

元和室側からはこんな感じ。また違う海が望めますね。

こちらの物件は、お客様と一緒に中古物件探しをして出会いました。

「海が望める」ことをキーワードに、1年8ヵ月をかけてようやく出会えた物件。

もちろんリノベーションでも、この"眺め"をポイントとした内容がいくつか...!

20190217_5.JPG

新たな間仕切りが出来ていく瞬間をパシャリ。

そんな中、現場の段ボール箱の中にあるものを発見!

20190217_6.JPG

こちら、「フリーフロア材」と呼ばれるもので、床を上げる脚の役割をする材料です。

20190217_7.JPG

こんなふうに床を支えながら、設備配管を通します。

黒いゴムのところは遮音性があるので、コイツを使えばマンションでも無垢のフローリングを使うことができるんです!

(マンションには、管理規約の中に床材の遮音性能を求められます)

 

といった感じで、また進捗をお届けします!(^o^)/

2019年2月12日

いよいよスタート!【焼山】

こんにちは、スタッフの清水です。

私ごとですが、先日ほぼ人生初のジョギングをしました。

コースは広島市内の名建築などなど。平和公園やら原爆ドームやら~

朝ジョギングでしたけど、いいですね!体が一日イキイキしていた気がします(^^)

やるまで全く思いませんでしたけど、ハマりそうです 笑

(もれなく筋肉痛になりますのでご注意くださいね~)

さてさて、ところ変わって「焼山」のリノベがいよいよスタートしました!

20190212_2.jpg

本格的なスタートは「解体工事」からなんですが、

その前に下ごしらえがあります。

「養生(ようじょう)」という作業です!

もともとの物を残すところは工事の際にキズがつかないように

ガードを施していきます!

20190212_1.jpg

解体箇所にはマーキングを施します☆

これからいよいよ解体工事スタートです。

リビングの天井を落として、ダイナミックな空間となる予定なので

どうなるか楽しみです!(^^)!

それではまたお届けしますね~

2019年2月 7日

キッチンカウンターの壁【口田】

こんにちは!

スタッフの川本です。

 

今回は、安佐北区口田の戸建てリノベーションについて!

前回のブログはこちら

20190207_1.JPG

現場では、キッチンのレンジフードが取り付いていたり、

壁にはクロスを貼る下処理のパテが施してあったり...

少しずつ進んでおりました。

20190207_2.JPG

そしてこちら!

前回でもご紹介していましたが、キッチンカウンターの腰壁の様子。

イメージ通り、サンメント枠で装飾されたクラシカルなデザインに仕上げっていました。

塗装は、木目を活かした自然塗料にクリアをかけて少し艶を出しています。

ちょうど養生ボード(傷つかないように保護するもの)を被せる前に訪れたので、

この状態が見れてラッキーでした★

 

そして玄関まわり。

20190207_3.JPG

設置された十字格子の窓。

20190207_4.JPG

玄関まわりの外壁のみ、このような柄のある塗装にしています。

色も、落ち着いたベージュで、窓の黒色と相性がよくかっこよく仕上がっていました。

お引渡しまでラストスパート...完成が楽しみです!

2019年2月 2日

工事完了!【鈴が台】

こんにちは!

スタッフの川本です。

 

鈴が台の戸建てリノベーション、

昨年の末に工事が完了しました!

今回は、そのみどころをお伝えします♪

過去ブログも一緒にさかのぼってみてください。

 

まずは玄関。

20190131_1.JPG

元々はアルミのドアでしたが、

20190131_2.JPG

木製のオーダードアとなり、一気に雰囲気が変わりました。

黒い窓やバー取手、それに足元のキックガードは真鍮。

照明も黒い船舶照明をチョイスすることで、がらっとイメージチェンジ。

20190131_3.JPG

玄関へ入ると、ホールへと続きます。

外部と合わせて、濃いめの茶のフローリングや黒色で施した塗装によって、引き締まりました。

20190131_4.JPG

階段も玄関の"顔"となる部分でしたので

既存の上に、踏み板を新たに重ねたり塗装したりで変身してます。

☝写真は工事前の様子。

 

そして、ここからは家族の団欒の場となるLDKへ。

まず、間取りはこちら。

20190131_6.jpg

LDKは、23.6帖のワンルームが実現!

その室内にはコンクリートの壊せない壁が残りつつも、

20190131_5.jpg

この壁があることによって、

各ゾーン間にちょうど良い距離感がうまれました。

それは、例えば

ある人はパソコンをしたり、またある人はピアノを弾いたり

かたやキッチンで料理をする人がいたり。

各々、違うコトをしながらも時間を共有できる...

そんな家族の時間が過ごせそうなワンルームとなりました。

実際の完成写真はというと、

20190131_7.JPG

左側の掘り込み部分がデスク、右側の照明がついている足元にピアノを置く予定です。

20190131_8.JPG

コンクリートの壁を挟んでリビング側は、黒いスチール棚の上に壁掛けのテレビを設置。

20190131_9.JPG

そして、ヘリンボーン張りで仕上げた腰壁を背に、ソファを配置。

ダイニングテーブルはコンクリートの壁の開口したあたりにやってきます。

(先程のパースと見比べてみてください)

20190131_10.JPG

キッチンへ立つと、お部屋全体が見渡せます。

お庭の緑も視界に入ってきて気持ちがいいですね。

 

また、今回のリノベーションで大きく変身したのがこちら、お風呂。

20190131_12.JPG

工事前は、全体的にきゅっと、コンパクトな大きさ。。。

在来工法でつくられた昔のお風呂は冷えも体に堪えます。

20190131_11.JPG

それがリノベーション後はこんな感じに!

お風呂全体、サイズを大きくしました。

ただ、それを実現できたのにも工夫が、、、

元々お風呂の位置が階段下にあったため、ユニットバスでは高さが入らなかったのです。

そこで"ハーフバス"という商品を採用し、足の伸ばせる浴槽へと変身を遂げたのでした。

 

いかがでしたでしょうか?

「ご実家を引き継いでリノベーション」という選択をされたI様。

お打合せを始めた頃には、まだ娘さまも小さかったのに、いまでは言葉を発していたり。

そんな時間を共有できたことも、今となっては愛おしく感じます。

また、この家とともに娘さまが成長されていくのも楽しみにしております!

I様、お世話になりました!ありがとうございました。

 

=物件データ=

【場所】広島市西区井口鈴が台

【構造/築年数】RC+S造2階 戸建て/築36年

【平米数】1階:80.53㎡ 2階:65.54㎡

2019年1月28日

アールの入り口【口田】

こんにちは!

スタッフの川本です。

 

今回は、口田のリノベーション現場のその後をお伝えします。

よろしければ前回のブログと比べてみてくださいね!

20190128_1.JPG

こちらはLDKの様子です。

骨組の上に石膏ボード(薄黄色の板)が張られ、間仕切りの下地が完成しました。

写真右側の掘り込んだ部分は、キッチンのパントリーとして使用するところ。

写真中央の背の低い壁、こちらには壁掛けテレビがつきます。

20190128_2.JPG

テレビの取り付く壁の奥はデスクコーナーとなっていて、このアールの木枠で出入りします。

最近ブログに出てくるこの「アール開口」、今回のカタチは少し変わっていて...気付かれましたか?^^

壁からアール枠のてっぺんがはみ出ているなんて、他には見ないユニークなカタチですよね。

リビングとデスクコーナーを分裂しすぎないように壁の高さを抑えることで、誕生したデザインなのです。

20190128_3.JPG

ちなみにデスクコーナーの中はこんな感じ。

デスク正面には有孔ボードを施しているので、

文房具などこの孔に掛けてディスプレイしたくなっちゃいます^^

20190128_4.JPG

そして先日。

そんなLDKにシステムキッチンが仲間入りしました!

このキッチンまわり、こんな雰囲気に完成予定です~

20190128_5.jpg

それでは次回を楽しみにー!

<   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11   

カテゴリ

アーカイブ