BLOG

RE:FACTORYスタッフの日常。

リノベーション

2018年8月24日

そこにある魅力【己斐東】

こんにちは、スタッフの清水です。

お盆も過ぎて気づけばもうすぐ9月ですね。

みなさんはどちらかにお出かけされましたか?

私は、おさいふとの厳正な打ち合わせの結果、

「ぶらり!ひろしま徒歩旅行」をチョイス!もはやこれ一択でした 笑

詳しくは改めてお届けしますので気が向いたら見てやって下さい(^^)

さてさて、己斐東にて新たな現場がスタートしております!

20180824_1.jpg

8月終わりといえどまだまだ暑いですよね!

そんななか現在、職人さんたちは解体工事の真っ最中。

今回のおウチは"戸建リノベーション"です!

見どころはたんまりにんまりありますが、なんといっても

「木造の構造材をデザインに活かした2階のLDK」がポイントです☆

↓↓イメージパースがこちら

20180824_6.jpg

ネックだったおウチの真ん中にある「階段(室)」。

その上部や目線の高さの部分をガラスにすることで、分断されていた空間をひとまとまりに!

これまでは隠れていた、「梁」や「柱」といった構造材を表しにします。

天井をつくらないことで、天井高は高いところでおよそ3.4M ♪

ダイナミックかつ開放的な、ワンルーム感のあるLDKへ変身しちゃいます・・・

20180824_3.jpg

↑もともとの天井を取ったところ

個人的には"カッコいい"のひと言。大好物です。

20180824_4.jpg

ちょうどスタッフ奥河内の頭上あたりに、

断面が丸い、横を向いた木材があるのが分かりますか?

こちら、建物の構造材のひとつ、「梁」の一種で「丸太梁」といいます。

「梁」の断面は長方形のものが一般的です。

というのも機械でカットしやすいのが1つの理由で

そうすると、「柱」など他の部材との接合にあたって効率的だからなんです。

一方、その点で丸太梁は手作業でのカット。手間がかかることもあって現在の

新築住宅ではあまり使われていません。

「木」本来の生命感が感じられる、「丸太梁」のあるおウチに

できるのもリノベーション住宅ならではの魅力の1つでしょうか。

20180824_5.jpg

リノベーション計画、続きます!

2018年8月 9日

ひっそりと【三滝】

こんにちは!

スタッフの川本です~

 

もうすぐお盆ですね!

帰省される方もいれば、旅行を計画されてる方もいらっしゃるのでしょうか...☀

そんな夏休みに入る前に、絶賛工事中の物件を紹介します。

ひっそりと...していた訳ではないですが、現場ではもう半分の工事が終了しました!

では、解体前の状態からどうぞ。

20180809_1.JPG

こちらは工事に入る前、いろんな業者さんと現地の視察をした時の写真。

どんなに紙の上でプランをしても、現地の状態と違っては上手く工事ができません。

工事前に予め、天井裏や配管などの普段見えない部分をできるだけ業者さんと見て回ります。

さて、今回のリノベーションのポイントはというと、

20180809_2.jpg

こちらがLDKのイメージパースです。

ご覧の通り、左奥にナゾの木の箱のような空間が!

これは何かというと、箱の手前のベンチが階段にもなっていて、登っていくとベッドルームが中にあります。

あえて籠ったように作った場所は、大人の秘密基地のような感じのお部屋になっています^^

実際にここへ上がるととてもワクワクするんですよ~

20180809_3.JPG

そんなベッドルームが徐々に出来ていく瞬間をパシャリ。

ちょうど透けているようでわかりやすいですね!

中はダブルベットがぴったり入るだけのコンパクトスペースです。

床下は、せっかく高さがあるので収納になっています。

20180809_4.jpg

そしてこのビンテージ加工された板で仕上げられ、先程のパースのような木の箱が出来ていく予定です♪

木目や節が、良い味を出しています。

20180809_6.JPG 

夏の現場は扇風機必須!

本当に毎日、殺人的な暑さの中現場が進んでいて、職人さんには頭が下がります。

お引渡しまで残り約1ヵ月、よろしくお願いします~!

それではまたお届けしますね♪

2018年7月 5日

今週末はいよいよ【東山】

こんにちは!

スタッフの川本です^^

 

今週末はいよいよオープンハウス!

そんな東山のリノベハウスの進捗を少~しだけお届けします。

今回、"茶室"のような和室が特徴的なお家ですが、他にも見どころはあります。

20180705_1.JPG

こちらはオーダーのキッチン。

...といっても、養生でほとんど見えませんが^^;

上部の吊り棚や、ダイニングテーブルなどキッチン周りはすべてオーダー製作。

奥にパントリー(食品庫)がちらりと、こだわりが詰まってます。

20180705_2.JPG

こちらは洗面所。

ちょうど左官屋さんが壁のタイルを仕上げているところでした。

よ~く見るとタイルとタイルの間に白い目地を埋めております。

タイル、柔らかい色がいくつかミックスされていて、とっても可愛いんです♪

20180705_3.jpg

和室まわりは、、、景色の写真を!!

はい、もったいぶってます。(全体写真はオープンハウスまでお楽しみに♡)

ちょうど和室の中から外を眺めるとこんなロケーションで、黄金山が見えます。

畳でくつろぎながら、遠くにぽっこり、山の形がかわいいですね。

 

さて、そんな東山のオープンハウスですが、奇跡的にあと1枠!まだご予約受け付けておりますので、内覧ご希望の方はチャンスですー^^ (ご予約済となりました)

また、既にご予約頂いた方には本日にお知らせメールを致しますので、ご確認のほどよろしくお願いいたします。皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております! 

 

さいごにちょこっとだけ、ほっこりエピソードを。

本日、とあるお客様にプランのご提案をいたしました。

その娘さまから可愛らしい切り紙のプレゼントを。

今日はよく雨が降るからか、なんだかあじさいに見えて思わずパシャリ^^

20180705_4.jpg

ではでは、じめじめな梅雨を明るく乗り切ってまいりましょう~

2018年5月 8日

戸建てリノベ、工事の様子【本浦戸建て】

こんにちは!

ゴールデンなウィーク、終わってしまいましたね...

皆さまおでかけはされましたかー?

今年のフラワーフェスティバルは晴天が続いたようで、

その傍ら、大雨&強風&雷の夜をテントで過ごした川本です。

(けど一瞬晴れて満天の星空を拝めましたよ!*)

 

さてさて、最近はリノベーションについてのブログを書けていなかったこともあり、

本日は内容盛り沢山でお届けです。しかも戸建てのリノベです!

20180508_1.JPG

以前に少しご紹介した本浦の戸建て、築36年。

実は工事が始まって1ヵ月ちょっとが経過。

少しさかのぼってみると...

 

20180508_2.JPG

こちらは、解体後、大工さんの作業がスタートしたばかりの頃。

天井を一部撤去し、緑色の梁やブレースがあらわになってます。

これをあえてデザインで見せて、天井高を高くしました。

ちなみに写真右の黒っぽい壁は、元キッチンのタイルを撤去した部分。

20180508_3.JPG

天井を剥ぐと隠れていた懐(ふところ)が。

この梁やブレースは黒く塗装する計画です。

20180508_4.JPG

天井だけでなく。

築36年となると、給水管や排水管の劣化が気になるところです。

大工さんの作業と並行して、設備屋さんが新たな配管を。

20180508_5.JPG

外部分も新しい配管に交換。

左側に山が出来るほど、スコップでえっちらおっちら、、、

掘削がんばってました。

 

20180508_6.JPG

床下の工事を終えたところで、

大工さんが次の工事を進めていきます。

いろんな工程が混ざり合いながら、、、うう、複雑。

よくみてみると、壁の骨組みも立ち上がってきてます。

そしてそして、、、

20180508_7.JPG

こちらが現在の様子です。

壁だけじゃなく、窓やドアが取り付く枠も仕上がってます。

塗装屋さんも仲間入りし、天井の梁はすでに黒く塗装されてますね。

だんだんと仕上がりが想像できてきました^^

20180508_8.JPG

床はさいごの仕上げを。

そう、無垢フローリングです。

今回はオーク材をスモーク(灰色)で塗装しました。

まるで塗装をかけていないかのような自然な風合いです。

 

...という感じで、着々と進んでおります本浦の戸建て。

実はお客様のご厚意で、オープンハウスの開催を予定しております。

もう少ししたら情報をアップしますのでお楽しみに♩

 

 

 

...それと、もうひとつ。

スタッフの清水が4月に誕生日を迎えました!

20180508_10.jpg

"ひとしくん"なのでスーパーを付けようか迷いましたが、

まずは、ベーシックに。

20180508_9.jpg

27歳、磨きのかかった年にして、

来年は"スーパー"になるようがんばってください!

おめでとう~(^o^)

2018年4月 3日

あるところから眺めてみる。

こんにちは!

最近の急激な気温上昇に戸惑い、もっぱら半そでTシャツとジャケットのみ

というスタイルで外出しているスタッフの清水です。

今回はですね、ほとんどひとり言のような内容でお届け致します 笑

ごめんなさい、最近思ったことをボヤきます・・・ボヤかして頂きます!

まず、心躍った最近の一枚からお届け。

この写真どこだか分かりますか?

20180403_9.jpg

↑「海に面した「赤い街並み」・・・なんかカッコいいな~」

マンガとかアニメの街のような独特の雰囲気は何だろうか・・・

つい最近、発見した街です。

ここがどこの街かみなさんはお分かりでしょうか?

(ヒントになりそうな文言は全て白で塗りつぶしてます。じっくりどうぞ)

20180403_1.jpg

↑はい、すぐさま答え出しちゃいます!

(クリックをお願いします、ポチっと。)

実はここ、日本でしかも広島です。

・・・・

・・・・

・・・・

そうなんです、ここはなんとおなじみ「呉市」を上空から捉えた姿だったんです。

海軍の街は上から見るとこんな姿をしていたのかと関心!

(物件を探している最中に見つけた一枚です)

そこで改めて感じたのが

「人って物事を俯瞰して見れないよな~」

ということでした。

グーグルアース君がいないとシミズは

こんな呉市の姿を知ることはなかったのですから。

(どれだけ頑張ってもある視点でしか世界を眺められないのか~)

それだけに

さまざまな角度から見る、「視点や視野って大事だな~」としみじみ感じてます。

20180403_3.jpg

↑最近の物件見学の様子

過去ブログにもありますが、ホームインスぺクション(住宅診断

も普段目に見えないところを見るという「視点」のひとつ!

20180403_4.jpg

↑上の写真とは別のおウチでの1枚

実際に調査をしてみると、

知らぬ間に外壁が膨れてえらいこっちゃな様子を見つけたり・・・

なんてこともあります。

20180403_2.jpg

古いおウチは特によーく見てみないと分からないところはたくさん。

普段は見ない視点からのまなざしを。

だからまずは「調査」が肝心ですね!

20180403_5.jpg

↑最近お引き渡しをした宇品西のおウチ(紹介ブログはこちら

港を眺めながら、ゆったり本が読めちゃうこちらの「造作ソファ」

ですが、実はここにも「視点」への眼差しがあります。

「腰をかけたときに港がどう見えるのかな~」

「どんな高さなら素敵に感じられるんだろう?」

20180403_6.jpg

そんなことを想像して、一つひとつを確かめながら設計を行っています!

20180403_7.jpg

20180403_8.jpg

↑お客様からお預かりしたスクラップイメージ

私たちは設計をするにあたって、普段からお客様の好きなことやモノのイメージを伺います。

(空間のイメージだけでなく、好きな雑貨や服、ブランド、はたまた印象に残っている思い出まで。)

なぜかというと、人によって笑いのツボが違うのと同じで、「理想のおウチや暮らし」もそれぞれのはずだからです。

これまでの人生での思い出や感覚、大切を紡いで出来た「ならではの視点」。

そんな目で私たちも一緒に眺めてみる。そうしてはじめて「理想の暮らし」の輪郭が見えてくると信じています。

もう4月ということで、新しいスタートの季節ですが

これからも色んな視点で眺めて、理想の暮らしづくりのお手伝いをさせて頂けたらと思います!

どうそよろしくお願いします(^^)/

最後まで読んで頂いてありがとうございます!

またお届けしますね~

<   5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15   

カテゴリ

アーカイブ