BLOG

RE:FACTORYスタッフの日常。

リノベーション

2019年8月 5日

新しいリノベーション、スタート!【宇品】

こんにちは!

スタッフの川本です。

毎日溶けそうなくらい暑いですが、みなさん大丈夫ですか?

私は、暑い日といったらカレーが食べたくなります。

そして、不思議と元気がでるんですよね!スパイスでしょうか?

みなさんも、スタミナがつくもの食べて、この夏を乗り切りましょう~!

 

さて、新たなリノベーションの工事が始まっています!

場所は、宇品のマンションです。

最近、この"南区宇品"エリアの工事がとっても多いんですが、

スーパーや飲食店など商業施設が多く生活する上で便利で、

古いマンションが割と多い地域でもあるので、人気なんです。

今回のマンションは築42年。

広島でもなかなかのビンテージマンションです。

20190805_1.JPG

解体前。

20190805_2.JPG

解体後。

写真では一瞬ですが、マンションの場合は2~3日かけて解体していきます。

ほこりもすごく立ち込めるんですが、職人さんがいつもキレイに片づけて帰ってくれます。

ありがとうございます!

20190805_3.JPG

当時、つくられたであろう扉。

木の重厚感と、彫り深い装飾がかっこよかったので、こちらは再利用します!

どんな風に変身するかはお楽しみに~

20190805_4.JPG

間仕切りも仕上がってきてます。

実は、、、工事は6月中旬から始まり、今は仕上げに取りかかっているところなんです。

8月末には数組様限定のオープンハウスを開催する予定ですので、

ご興味のある方はチェックしておいてくださいね♪

では、またお届けしますー!

2019年7月18日

戸建てREも、完成!【三原】

こんにちは!

スタッフの川本です。

なかなかブログではご紹介できておりませんでしたが、

実は、戸建てのリノベーション工事がひっそりと進んでおりました、、、!

場所は三原、奥河内がせっせと通い、ついに先週!完成を迎えました。

そんな新たなおうちの様子をお届けしたいと思います~

20190718_1.JPG

まずは玄関。元はよくある和風なアルミ製の引き違い戸でした。

それを明りとりの付いた木製のドアに交換して、雰囲気一新!

キックプレートの真鍮と、照明のゴールド色が良い感じです。

20190718_2.JPG

中へ入ると、ゆったりした玄関ホールが。

ここで工事前のお写真をどうぞ。

20190718_3.JPG

なんだか懐かしい、、、築年数を感じさせる和のつくり。

20190718_4.JPG

足元のタイルはなかなか奇抜なグリーン色でしたが、、、

20190718_5.JPG

上からペンキで塗るだけで雰囲気ががらっと変わりました。

床のタイルはそのまま再利用しちゃってます。

ちなみに、玄関入って正面奥の丸太の柱も、既存のままなんですよ~

残ってる部分がありつつもこの変わり様は、思わず何度も見返しちゃいます。。。

20190718_6.JPG

新しくなった玄関ドア、部屋内からはこんな感じ。

左側の壁につくられた小窓も、ポイント。

20190718_7.JPG

この窓の向こうはリビングへと繋がっているんです。

窓が可愛く見えちゃうほど天井の高いリビング。

元々の天井を落として、屋根を支える立派な梁が露わに。

サッシは新しいものに交換し、大きなガラスからたっぷりの明かりが入って、とても気持ちの良い場所となりました。

20190718_8.JPG

お次はダイニングスペースから。

こちらはあえて通常の天井高に抑えています。

対比で、リビングはさらに開放的に感じられます。

照明の明りがぽつぽつ、と。可愛いです。

20190718_9.JPG

反対側からのアングルだとこんな感じ。

一番奥はどうなっているかというと、、、

20190718_10.JPG

正解はキッチンでした。

キッチンと合わせて作製したオーダーカウンターは、

作業台としても使えるし、ハイチェアを置けば軽食くらいならここで行えます。

20190718_11.JPG

足元は収納スペースとして。

ちなみに奥のアール入口は洗面とお手洗いへと繋がっており、

写真中央の白い扉の向こう側は、お風呂となっています。

 

いかがでしたでしょうか?

お施主様のおうちが現場から近かったこともあり、

工事中、よく通っていただいてました。

お陰様で職人とお子様たちが仲良くなったり、

2階はご家族でDIYをされたりと...

微笑ましい工事期間中でした。

奥河内にとっても、思い入れの深い現場となりました。

ありがとうございました。

2019年7月 9日

リノベーション完成!【五日市】

こんにちは!

スタッフの川本です。

 

先日、五日市のリノベーションが完成いたしました!

そのおうちを少しだけご紹介します。

過去のブログはコチラ

 

まずは玄関から。

20190709_1.JPG

リノベーション前は1帖程のコンパクトな玄関でしたが、

約3帖へと広げ、印象ががらっと変わりました。

20190709_2.JPG

玄関へ入ってすぐにシューズクロークを設けています。

収納棚は可動できるようになっており、

結構な棚の数なので、家族の靴やその他収納も整理整頓できそうですね。

 

そしてLDK。

20190709_3.JPG

広さは21.5帖と、広々した開放的な空間となりました!

アイランド型の対面キッチンや濃紺色のテレビ壁など、全体的にスッキリとしたデザインに。

20190709_4.JPG

アイランドキッチンは色ムラのあるグレーのタイルを貼り、それがさらっと良い味を出してます。

ペンダント照明はお客様が選ばれたもの。色がグレーと同色でマッチして、形もかわいいです。

20190709_5.JPG

リビングのこちらの濃紺色の壁。

壁掛けテレビですでにスッキリとした印象ですが、

テレビ下のデッキも壁と一体に掘り込んでいて、さらっとしたデザインに。

足元が空くと、さらに空間が広く感じられます。

20190709_6.JPG

裏は書斎となっていて、通常よりも少し奥行きの深いデスクに設計しました。

そうすることで、手前と奥からとそれぞれ座って使用できるようになっています。

ブラックの縦枠が引き締まる本棚も、壁いっぱいの幅で製作して収納量たっぷり。

書斎のライトを点灯すると、リビングからは間接照明になって雰囲気◎なのです。

20190709_7.JPG

そして、LDKの中でも印象的なこちらの親子扉。

タモの無垢材を使用してオーダー製作しました。

タモ材は強靭で弾力性があり、家具作りに好まれて使用されている木材です。

野球のバットなんかもこのタモ材で作られています。

そんな木の素材感と、小窓の十字型の格子がさりげないデザイン。

 

いかがでしたでしょうか?

こちらのお客様とは昨年の5月に弊社のモデルルームへお越しいただき、

それから約1年ものお付き合いで、無事おうちが完成いたしました。

ちょうど私の地元である五日市ということもあり、完成して嬉しく思います。

 

お引渡しからちょうど2週間・・・

新しい空間での生活を快適に楽しんでいただけていれば、幸いです。

2019年6月 6日

事務所リノベーション【宇品】

こんにちは!

スタッフの川本です。

 

新たな現場がスタートしています。

今回は、事務所のリノベーション、宇品の戸建てを再生します。

20190606_1.jpg

この戸建て、とてもかっこいいんです。

入口には様々な植物が生い茂っており、玄関には石貼の壁が...!

写真はちょうどボードで隠れていますね^^;

他にもガラスブロック、床のタイルなど...元々素材にこだわってつくられていました。

20190606_2.jpg

奥へ進むと、居間として使われていたであろう部屋の壁は板張り。

自然と経年変化で渋みを増した木の表情はこのまま活かしていくことに。

天井は落として、コンクリートむき出しになってます。

既にかっこいい、、、

20190606_3.jpg

オフィスとなる2階は間仕切りを解体してワンルームに。

大きな窓越しに見える樹木が爽やか...お仕事がはかどりそうです。

写真は、ちょうど大工さんが床材を張り終えたところ。材料はラワン合板を使用しました。

壁や天井には元洋間と和室の名残が...大工さん、あともう一頑張りです。

20190606_4.jpg

工事と並行して、先日お施主さまと家具巡りへ行ってきました。

袋町で開催されたトランクマーケットにも出店されていた福岡の「eel」さんへ。

倉庫にはたくさんの家具があり、宝探しのようでした。

ほかにも「LIGHT YEARS」さんなど広島ではなかなかないお店をまわり刺激的でした。

20190606_5.JPG

工事の方、どんどん進んでいきたいとおもいます~

 

さてさて、そんな宇品ですが、

今週の日曜日にオープンハウスを開催します!!

オープンハウス小.jpg

こちらはマンションの住宅リノベーション。

この度はめずらしく、ご予約にまだ空きがございます!!

リノベーションをご検討中の方や、OBの方でもお気軽にお問合せくださいませ。

ご予約状況はこちら

それではお待ちしております!

2019年5月24日

下地から仕上がりまで【宇品】

こんにちは!

スタッフの川本です。

 

宇品の現場、順調に進んでいます。

工事はいよいよ中盤、折り返し地点です!

今回は、「下地から仕上がりまで」の工程をお届します(^o^)♪

20190524_1.JPG

まずは大工さんが下地を作っていきます。

20190524_2.JPG

こちらは、LDKと子供室を間仕切る壁。

上部には明りとりの窓を設け、子供室への扉が両サイドへ取り付きます。

大工さんの仕事は、この壁と、窓や扉の枠を作ること。

20190524_3.JPG

壁の仕上げは、魚の骨のような模様の「ヘリンボーン柄」の木の板。

こちらを仕上げるのも大工さんの仕事です。だんだんと表情が付いてきました。

20190524_4.JPG

その全貌はこんな感じ!...と思いきや、なにやら手前が邪魔して見えにくいですね。

この大量の段ボール達、何が入っていると思いますか?

大きなものや、細かく分かれたものまで、いろいろとありますねぇ...

20190524_6.JPG

正解は、キッチン!でした。

カウンター、引出し収納、水栓や食洗機、コンロなど...

分かれた部品たちを組み立てて完成!

今回のキッチンは、オールステンレスのクールなデザインなのです。

養生が取れる日まで、お楽しみに♪

20190524_5.JPG

さてさて、壁の方はというと、手前の段ボール達がなくなってスッキリ。

塗装屋さんが、枠を黒く塗ってくれました。引き締まってきましたね。

20190524_7.jpg

さらに、家具屋さんに頼んだオーダーの建具(扉)達が届きました。

それらも塗装されてスタイリッシュな扉へと変身!右側の二枚が、子供室の扉になります。

20190524_8.jpg

スタイリッシュであり、どこかクラシカルな印象を与えたい...

そんな時に出番となるのが、このサンメント枠です。

この度は少しだけ大きいものを採用して、堀が深くなるようにしてみました。

深い色に、さらに味わいが増すように...なんて私の思いも込めてます^^

 

いかがでしたでしょうか?

一つの壁を作るにも、こんなにも工程が組まれています。

思い入れも愛着も感じられる場所となってほしいと願って...

引き続き、仕上げていきますよー!

またお届けしますね♪

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11   

カテゴリ

アーカイブ