BLOG

RE:FACTORYスタッフの日常。

OTHERS

2018年4月19日

そうだ、京都に行こう。@本編Part1

こんにちは、スタッフの清水です!

みなさん、京都行ってきましたよー(^^)

写真をたんまり撮ったので、とてもじゃないけど一度でお届けできない・・・(^^ゞ

ということで京都旅の様子は次回までの二部構成でお届けして参ります。

■京都駅    (建築家 原 広司の設計。実は基町高校もこの方!)

■京都タワー  (京都の大パノラマビューが見れるはず!)

■京都御所   (内部に潜入!なかなか内側には入れないとのタレこみアリ!) 

■渡月橋    (もう、字面がいいですよね。ちなみに"竹林"にも向かいます。インスタグラマーとしての道がついに・・?)

■京都の町並み (伝統的な町屋が立ち並ぶ風景・・・きっと舞妓はんもいるんだろうな。)

■仁和寺    (「にんなじ」。読み方が難しい。)

↑おさらい。前回のブログで「気になるな~スポット」として挙げたもろもろ。

広島から

新幹線にのってビューーン!

20180419_2.jpg

ついに到着、京都ステーション。

新幹線の乗車時間は約1時間30分。

あっちゅうまのひとっ飛びですね。

20180419_3.jpg

最初の目的地、京都タワーから見物。

まずは高いところから京都の街を眺めるとしましょう(ニヤリ)

20180419_4.jpg

京都タワーのエレベーター。

きっとタワーができたときからのものなんでしょう、ボタンの表示がイケてます!

インフォメーションのデザインも昔ながらの雰囲気と馴染んでて素敵ですよね☆

20180419_6.jpg

危ない趣味はないのですが、

なぜでしょう、望遠鏡があると覗いてみたくなります。

大人も子どももみんな京都の街を眺めていました。

20180419_7.jpg

肉眼でみてもこんな感じ。

あれっ?もしや京都タワーより高い建物がないんじゃないか・・?

実は、これホントみたいです!

京都には景観を守るためのたくさんの条例があるみたいですが、

そのひとつに「60mを越える建物は建ててはいけない」というものがあるそうです。

京都タワーは全長131m・・・こりゃ越えてますね軽く2倍近く(笑)

この京都タワーがきっかけとなって、さきほどの条例の整備は進んだとか!

伝統を残すって大変です、その裏にある京都のみなさんの地元愛がすごいな~。

20180419_8.jpg

京都はお寺や神社がたくさん。

なんと京都タワーのなかにも!

そうこうしているうちに集合時間が・・・

飛び降りたら間にあうようなノンストップさの中

20180419_9.jpg

見つけてしまいました、手相占い!!

しかも鑑定時間はオドロキの

「30秒」

「こりゃ行くしかない」

まずは、社長

つづいて、シミズ

つづいて、川本さん

総所要時間は2分10秒!

前半の2分が社長、後半の10秒がシミズと川本さん。

タワーの中ですが、ピラミッドを感じた数分間。

でも、私の占い結果かなりあたってました・・・

正直オススメです!

20180419_10.jpg

よしっ!次の目的地「京都御所」へいざっ!

※ちなみにバスの背後にある、

近未来的なガラス張りの建物が"京都駅"です。

20180419_12.jpg

つきました、「京都御所」

緑がたくさんのアプローチを歩いて御所内部へ。

20180419_13.jpg

建物のスケール感が・・・!

いかに敷地と建物が大きいかが分かります。

20180419_15.jpg

いたるところに門があります。

昔の人はこれだけ広いと歩いて御所内を廻るのは大変だったでしょうね。

20180419_17.jpg

こちらの門に注目!

屋根が普段は見かけない変わった素材でできています。

20180419_18.jpg

↑断面にしたのがこちら

この日本古来の屋根工法は「桧皮(ひわだ)葺き」と言います。

呼んで字のごとく、「桧(ひのき)の皮」でできています。

木を伐採せずに、皮だけをそぎ落としているので樹木には優しい工法だそう。

実際にここまで近くで見るのは初めてだったので感動です!!

20180419_14.jpg

いざっ!ここが正門(皇后門)。

こちらは桧皮葺の屋根ではなく瓦屋根ですね。

20180419_11.jpg

付近で待機しているパトカーの威圧感をするりと抜けて突入です。

(オールブラックなパトカーもならではですね!)

20180419_19.jpg

20180419_22.jpg

どこまでが中で外なのかも分からないほど、

とてつもない広さです。

赤塗りの門が「承明門」、右手が「紫宸殿(ししんでん)」

ここで数ある儀式が行われていたと思うと感慨深いものがあります。

昔の人たちは、今以上にひとつひとつの動作や季節事を大切に扱っていたのかもしれません。

20180419_21.jpg

木材の断面を「木口(こぐち)」と呼びますが、

屋根材の木口はどれも白く塗られていました。

きっと木材の保護の為なんでしょうけど、なんで白なんでしょうか?

20180419_23.jpg

↑清涼殿

たてとよこがきちっとそろったデザイン。

京都の町並みにしても上から見ると

碁盤の目状になっていてグリッドがはっきりしています。

20180419_24.jpg

↑清涼殿にある「昼御座(ひのおまし)」

ここが天皇の御座だったそうです。狛犬がしっかり脇を固めています。

日本では古来より格式が高い物を扱う1つの方法として、

「一段上げる」ということをしますが、ここでは畳がその役割を果たしています。

20180419_25.jpg

ノンストップ、たんまりとお届けしてきましたが

最後まで読んで頂きありがとうございます!

まだまだたくさんパシャリしてますので、

次回もお楽しみに!(^^)!

2018年4月12日

そうだ、京都に行こう。@予告編

こんにちは、スタッフの清水です!

なんだか久しぶりに雨降ったな~と思えば

夜中の地震に、不安を揺さぶられたりと

久々に危機感を覚える今日この頃です(>_<)

   

そうだ!「そんなときは京都に行こう。」

(展開が謎すぎてすみません!)

    

実は来たる4月15日・16日は社員旅行の日なんです。

そしてそして、

今回の旅先は「京都・滋賀」でございます(ジャジャーン)

修学旅行以来、足を踏み入れることはなかったあの地へ!

(それなのになぜか本籍地が"京都"という謎の縁がシミズと京都にはあります。)

     

当時は八つ橋を山のようにたいらげながら、金閣寺や銀閣寺、などをまわりました。

あれからはや10数年・・・

「もうあの頃のシミズはいません」・・・(笑)

    

今回は「大人京都」ということで

あの頃の自分には分からなかったであろう京都のさらなるディープスポットに行って参ります!

(行っても分からなかったりして 笑)

↓個人的に気になる(より楽しみなスポットたち)

■京都駅    (建築家 原 広司の設計。実は基町高校もこの方! )

■京都タワー  (京都の大パノラマビューが見れるはず!)

■京都御所   (内部に潜入!なかなか内側には入れないとのタレこみアリ!) 

■渡月橋    (もう、字面がいいですよね。ちなみに"竹林"にも向かいます。インスタグラマーとしての道がついに・・?)

■京都の町並み (伝統的な町屋が立ち並ぶ風景・・・きっと舞妓はんもいるんだろうな。)

■仁和寺    (「にんなじ」。読み方が難しい。)

 ・

 ・

 ・

などなど

プラス「温泉好き」のシミズとしては嬉しい露天風呂付きのお部屋。たまりません。

(雨よ降るな―!ほんと降らないで下さい、お願いします。)

ということで、

今週末リラックスリフレッシュして参ります!

写真撮ってきまーす!お楽しみに(^^)/

2018年4月 3日

あるところから眺めてみる。

こんにちは!

最近の急激な気温上昇に戸惑い、もっぱら半そでTシャツとジャケットのみ

というスタイルで外出しているスタッフの清水です。

今回はですね、ほとんどひとり言のような内容でお届け致します 笑

ごめんなさい、最近思ったことをボヤきます・・・ボヤかして頂きます!

まず、心躍った最近の一枚からお届け。

この写真どこだか分かりますか?

20180403_9.jpg

↑「海に面した「赤い街並み」・・・なんかカッコいいな~」

マンガとかアニメの街のような独特の雰囲気は何だろうか・・・

つい最近、発見した街です。

ここがどこの街かみなさんはお分かりでしょうか?

(ヒントになりそうな文言は全て白で塗りつぶしてます。じっくりどうぞ)

20180403_1.jpg

↑はい、すぐさま答え出しちゃいます!

(クリックをお願いします、ポチっと。)

実はここ、日本でしかも広島です。

・・・・

・・・・

・・・・

そうなんです、ここはなんとおなじみ「呉市」を上空から捉えた姿だったんです。

海軍の街は上から見るとこんな姿をしていたのかと関心!

(物件を探している最中に見つけた一枚です)

そこで改めて感じたのが

「人って物事を俯瞰して見れないよな~」

ということでした。

グーグルアース君がいないとシミズは

こんな呉市の姿を知ることはなかったのですから。

(どれだけ頑張ってもある視点でしか世界を眺められないのか~)

それだけに

さまざまな角度から見る、「視点や視野って大事だな~」としみじみ感じてます。

20180403_3.jpg

↑最近の物件見学の様子

過去ブログにもありますが、ホームインスぺクション(住宅診断

も普段目に見えないところを見るという「視点」のひとつ!

20180403_4.jpg

↑上の写真とは別のおウチでの1枚

実際に調査をしてみると、

知らぬ間に外壁が膨れてえらいこっちゃな様子を見つけたり・・・

なんてこともあります。

20180403_2.jpg

古いおウチは特によーく見てみないと分からないところはたくさん。

普段は見ない視点からのまなざしを。

だからまずは「調査」が肝心ですね!

20180403_5.jpg

↑最近お引き渡しをした宇品西のおウチ(紹介ブログはこちら

港を眺めながら、ゆったり本が読めちゃうこちらの「造作ソファ」

ですが、実はここにも「視点」への眼差しがあります。

「腰をかけたときに港がどう見えるのかな~」

「どんな高さなら素敵に感じられるんだろう?」

20180403_6.jpg

そんなことを想像して、一つひとつを確かめながら設計を行っています!

20180403_7.jpg

20180403_8.jpg

↑お客様からお預かりしたスクラップイメージ

私たちは設計をするにあたって、普段からお客様の好きなことやモノのイメージを伺います。

(空間のイメージだけでなく、好きな雑貨や服、ブランド、はたまた印象に残っている思い出まで。)

なぜかというと、人によって笑いのツボが違うのと同じで、「理想のおウチや暮らし」もそれぞれのはずだからです。

これまでの人生での思い出や感覚、大切を紡いで出来た「ならではの視点」。

そんな目で私たちも一緒に眺めてみる。そうしてはじめて「理想の暮らし」の輪郭が見えてくると信じています。

もう4月ということで、新しいスタートの季節ですが

これからも色んな視点で眺めて、理想の暮らしづくりのお手伝いをさせて頂けたらと思います!

どうそよろしくお願いします(^^)/

最後まで読んで頂いてありがとうございます!

またお届けしますね~

2017年12月28日

ぶらり旅@北広島【分かるひとにはわかる?の巻】

こんにちは、スタッフの清水です。

早いものでもう1年が終わろうとしていますね・・・

みなさんの2017年はどんな1年でしたでしょうか?

いつも思いますが1日1日を大切に過ごしていきたいものです。

   

さてさて、私ごとですが先日北広島町に行って参りました!

初北広島!みなさんも一度は見かけたことのある

「あれ」だったり、分かる人には分かる「あれ」だったり

あれこれ目白押しな街でした。

そんなぶらり旅の様子を一部お届けしまーす(^^)

            

みなさん、北広島は"太鼓"が有名ってご存知でしたかー?

高速道路で広島から山陽道で北広島に向かう途中に見えてくる

めちめちゃ大きな"太鼓"。

こちらのホームページで詳しく解説されています!

はい、例のごとくあのデカ太鼓を・・・

20171228_2.jpg

どどん!です(笑)

旅のゴングを太鼓で鳴らしたわけですが

実は、北広島の道の駅をPRするために

あの大きな太鼓は建てられたそうですよ!

着いてそうそう出くわす撮影スポットで

おそらく3歳に満たない子供たちの視線を感じながらの1枚です。

恥ずかしさ満点でした(笑)

写真には写っていませんが太鼓のバチは、小学校で使う机の中に納められています!

(一見、ただ机が置いてあるだけにしか見えないので要注意)

****続いて、第二のスポットへ****

20171228_8.jpg

ハッ!この名前は・・!

建築LOVERのみなさんはご存知、

建築家の世界3大巨匠のひとり

「ル・コルビジェ」

・・・のことに違いない!

※(1階部分が柱だけで、駐車場として使われていたりする形式のマンションやビルを見たことありますよね?

あの形式を"ピロティ"というんですけど、いまでは当たり前のピロティを生んだのも実は彼です。)

いざ店内へ突入!

20171228_1.jpg

うーん、昭和レトロまっしぐら!

地元のお姉さま方が実に絵になる・・!

クロスやタイルも昔のもので味わいがあります。

(どうりで最近のカタログでは見ない柄だと思いました)

20171228_3.jpg

もちろんテーブル席もあります!

視力検査台、存在感を放つことをDNAにすりこまれたかのような

ひと際鮮やかな照明、見ていてどれも飽きません☆

20171228_7.jpg

他にも真鍮でできた壁付(ブラケット)照明でも

雰囲気のあるものを発見!

メーカーはコイズミ照明さん。

昔はこんなデザインのものも作ってたんだな~

と驚きでした。ぜひ復刻してほしい!

20171228_5.jpg

他にもレトロな洋服や雑貨がたくさん置いてあります。

おばあちゃん家にあるような、旧デザインのミッキーの

コップやレトロ扇風機など基本的に目に映るものはすべて売り物だそう。

20171228_6.jpg

そして、最後に昔懐かし?の占いのおもちゃを体験。

年末のTVである「あなたの今年の運勢ランキング」的なものを

毎年見てしまう私にとってはこいつは避けて通れない道・・・

自分の星座のところに100円を投入するとおみくじが出てきます。

覚悟を決めて「えいっ!」

ひとこと書いてあったこと

それは「自分を見つめ直す日」

問答無用に納得のいく理由が・・・

実は太鼓のある道の駅においてあった

「手書きのMAP」を頼りにコルビジェまで

歩いていこうと提案したシミズ。

絵的には5分ぐらいの距離が、極寒の風を横から受けながら進むこと

「20分」

肝を冷やしました・・・とさ。

全てに納得、この占い当たります(笑)

20171228_9.jpg

納得、満足の北広島(ほぼコルビジェ)旅でした!

最後にコルビジェのとなりにある「ダンケ」というスナック。

もしや?

実はコルビジェを師事していた平和記念資料館で有名な

建築家「丹下(タンゲ)健三」のこと?

これは偶然なのか、ミステリーを残したまま北広島を後にしました。

謎だらけ、夢だらけな北広島!

みなさんも機会があればぜひ行ってみて下さいね~!

2017年12月14日

実は、、、な実話【ギャップ萌え?の巻】

こんにちは、スタッフの清水です。

みなさん、いつもブログを見て下さってありがとうございます。

「ブログいつも見てます!」と声をかけて頂くことが予想以上に多くて、

ここが私たちのリノベーションの特徴だったり、スタッフの人柄を

知って頂くきっかけだったりするんだな~

と実感していたりします。

というわけで

今回は、実話!な私たちの知られざる部分をカミングアウト!

「実は、、、こんなこともしてます。」シリーズ第1弾をお届けしまーす。

【広島県のプロジェクトへの参加・協賛】

 

<CASE1.ひろしまたてものがたり>

このフレーズ、ご存知の方はいらっしゃるでしょうか?

「ひろしまたてものがたり」とは、「訪れたい」と思えるひろしまの建築物にスポットをあて、ひろしまの「魅力(ものがたり)」、ひろしまらしさを地域の「宝」として、県内外に伝えていく、県民参加型のイベントです。(広島県HPより抜粋)

188985.png

活動の一環として

広島のみんなが感じる

「これ素敵だな~」と思う建築物たちの情報を

1冊の冊子にまとめていたりします。

それらのうち、ベスト30にも選ばれている

みなさんご存知の「広島平和記念資料館」や「市営基町高層アパート」。

実は、、、

私たち、㈱テクシードがそれらの建築物の改修工事を行っていたりします(^^)/

<CASE2.魅力ある建築物創造事業>

「すでにある魅力的な建築物はもちろん、これから生まれる建築物もどんどん魅力的なものにして広島をより素敵な街にしていこう!」

という趣旨のプロジェクト。

この事業の担い手育成の一環として、

ひろしま建築学生チャレンジコンペ」なるものがあります。

183248.png

広島県内外の学生を対象に

「広島のとある場所を舞台にユニークな発想で建築物を提案して下さいね~」

というもの。※最優秀賞作品は実際に建ってしまうのが驚き!

今年は大竹市の「三倉岳県立自然公園内のトイレ」が対象でした!

第5回目にふさわしく、審査委員長は建築界のノーベル賞

"プリツカ―賞"受賞者 「西沢立衛さん」

そして、"トイレ"のワードにはひと一倍敏感なシミズ。

実は、第1回目チャレコンでの最優秀賞受賞者なんです(^^ゞ

(もちろん、グループでの受賞ですよ!)

そのときも"トイレ"の設計がテーマでした・・・

20171213_1.jpg

当時の提案イメージがこちら

20171213_S.jpg

☝テーマは「OGINAU」

もともとあったトイレ棟にガラスの大屋根をかけて

屋根に囲われて生まれたスペースにトイレを増設するという提案です。

※既存の建物を壊して新たに大きなトイレ棟を建てるのではなく、

すでにあるものの良さを活かしているのがポイントです。

思えば、このプロジェクトの頃から不思議と

「リノベーション」にご縁があったように思います・・・

20171213_6.jpg

☝完成したものがこちらです

ちなみに、三次の「ふぉレスト君田」

という道の駅にある公衆トイレの設計でした。

すでにある君田の空や風、山々などの自然の豊かさを感じられるように

ガラス屋根やルーバー状の壁(夏は風を通して、冬はかまくらへ)

を用いて工夫をしました。

20171213_7.jpg

☝囲われてできた"ギャラリースペース"

※絵が飾ってあるところがもともとのトイレ棟の外壁でした。

20171213_4.jpg

☝囲われてできた"新たなトイレスペース"

20171213_8.jpg

☝冬はこうなります。(かまくら化)

20171213_9.jpg

☝雪の中に埋もれたときのような光景が見られたりします

※訪れた季節や時間によって色んな表情が楽しめて

想像以上に開放感が感じられる建築物ですので

お近くに行かれた際はぜひ寄ってあげて下さい!(^^)!

20171213_2.jpg

ここまで読んでくださったみなさん、本当にありがとうございます。

私たちの「実は、、、」な一面を知って頂けたでしょうか?

みなさまの「ギャップ萌え」を狙うべく

これからも色んな私たちを知って頂けるととっても嬉しく思います!

今後ともよろしくお願いします(^v^)

最後はチャレコンの賞を頂いたときの、若かりし頃のシミズでお別れです。

あれから4年、古くて魅力的な建物同様、いい味出てきてますでしょうか?

みなさんのご意見お待ちしております(笑)

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11   

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ