BLOG

RE:FACTORYスタッフの日常。

BLOG

2017年11月14日

かたちになっていく家具たち【府中】

こんにちは!

スタッフの川本です(^o^)

 

府中の現場、着々と進んでおります。

20171114_1.JPG

だんだんと空間の輪郭が出来てきましたよ~。

こちらはキッチンからリビングとダイニングを眺めた様子。

家具も続々と作られているのですが、

今回の大物がこちら!!

20171114_2.JPG

大工さんが作っているこの壁面収納、なんと全長4mもあるんです!

音楽がお好きなお施主さまの、沢山のCD・DVDや雑誌が収納できるように設計しました。

20171114_3.JPG

材料は足場板。厚みが35mmも!

杉なので柔らかく、反りや節など木の特徴がダイレクトに出ている材料ですが、そんな荒々しさがかっこよく、温かみがあります。

 

20171114_4.JPG

玄関にもこの足場板を2段、飾り棚として設けました。

その下の黒い大きな箱は"下足箱"です。

実はこの下足箱、すぐ後ろの洗面室からは...

20171114_5.JPG

一部がリネン庫となっています!

こんな作り方ができるのもオーダーならでは^^

表からは、開かないフェイクの扉となっているので

「そこにもダミーの取手をつけちゃおう」と、

お施主さまとにんまり、、、

遊び心あるデザインになっています♩

 

こちらは寝室のなかのウォークインクローゼット。

20171114_6.JPG

ラーチ構造用合板でつくったクロークの壁や枕棚も形になりました!

ここに、取り外し可能なハンガーパイプや可動棚がカスタムされていきます。

 

12月頭には完成予定ですので、また出来上がりをお楽しみに♩

2017年11月 2日

happy birthdayな日♩

こんにちは!スタッフの川本です^^

 

いきなりですが、問題です!

10/26は何の日でしょうか?

 

俳人・正岡子規が「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」の句を詠んだことから「柿の日」...

フランスのスリエサーカスが日本で初めて洋風のサーカスを興行したことから「サーカスの日」...

食欲の秋の10月と、きしめんはつるつる感が特徴であることから「2(つ)6(る)」の語呂合せから「きしめんの日」...

う~ん、全部正解!!ですが、

そう、われらがボスの奥河内の誕生日でございました♩

(上記はNAVERまとめ参照。いろんな日があるみたいですね^^;)

20171102_1.jpg

20171102_2.jpg

今回はリアル38歳!!

いろんなフルーツがごろごろ入ったタルトでお祝い♡

そこで取り分けてくれるのが、もちろんこの方、

20171102_3.jpg

三等分なら右に出る者は居ない、そう、清水くんです。

見てください、もう、包丁の入り方が違うのがおわかりでしょうか?

恐る恐る給湯室を覗きます...

20171102_4.jpg

この豪快さ...

わかりにくいですが、今回は必殺「川の字切り」で取り分けてくれました。

20171102_5.jpg

ボスは真ん中、両サイドは清水と川本で頂きました。

タルトの側をこんなに食べたのは初めてです^^

20171102_6.jpg

38歳を迎えた奥河内、

実は父になる歳でもあります!(^^)!

皆さま、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします!!

2017年10月26日

新たな現場スタート!【府中】

こんにちは!

スタッフの川本です^^

 

台風が過ぎ去って見事な秋晴れが続いてますね~

ただ、今週末はまた台風がやって来るのだとか、、、

キャンプの予定をたてている私にとっては

天気予報が気になってしかたない、今日この頃です(*_*)

 

さて、新たな現場がスタートしています!

20171026_2_1.JPG

解体が済んで、今は大工さんが現場入りしています。

元々住んでいたアパートの1階をリノベすることになったのですが、

結露がひどく、外気の影響を受けやすい状態でした。

そこで、今回の工事では壁や床に断熱材をしていきます。

壁にある薄オレンジのものが断熱材です。

 

20171026_2_2.JPG

玄関は土間部分を約1m広げることで、それだけで以前よりも広々とした印象に。

オーダーの黒い下足箱や一部壁面に鉄板を貼るので、少しハードな雰囲気に変身する予定です!

 20171026_2_3.jpg

塗装仕上げの色も徐々に決まってまいりました!

こちらは玄関の色まとめ。

こうやって並べてみて完成を想像するとニヤニヤします^^

 

またお届けしますー♩

2017年10月26日

完成しましたー!【小町】

こんにちは!

スタッフの川本です^^

 

小町マンションのリノベが完成いたしました!

20171026_1_1.JPG

20171026_1_2.JPG

こちらはLDKの様子。

玄関からリビングダイニングまで続く壁は深いグリーン色で仕上げ、

そこに掘り込んだキッチンはクラシックな雰囲気でまとめました。

20171026_1_2_1.jpg

キッチン内部の壁紙はイギリスのウィリアム・モリスを使用し、

有機的な花柄が空間を豊かにします。

天井はあえて他の部屋より低くし、さらにダーク色にして掘り込み感をプラス。

廻り縁は装飾されたサンメント材を使っています。アールの開口もサンメント材です。

それぞれの箇所に合わせて凹凸のデザインを使い分けています。

20171026_1_7.JPG

床材はパイン材に濃い目の塗装をし、

スクラッチ加工・ブーツダメージ(三日月)加工を施して使い古した風合いを。

"ヨーロッパの田舎"がテーマの今回のリノベにマッチしています。

20171026_1_3.JPG

そして、もうひとつの面白いポイントは、、、

玄関からバルコニーまで続く、この長細い大空間!

元々の梁でなんとなくゾーンが区切られるので、

奥から子ども部屋(黒い窓や壁の内部)・デスクコーナー・ダイニング・リビングとして使用されます。

20171026_1_8.jpg

家具を置くとこんなイメージ^^

 

20171026_1_4.JPG

玄関周りは、左側が水廻りに入る前室と

中央右側が将来の子ども室となっています。

絶妙なブラック(ほんのりグレー)色で仕上げられた窓や扉は、

立体感の出るような形状にデザインされています。

子ども室は、まだお子様が小さいうちはWICとして。

中のクロークボックスは下にコロがついていて動くので、

20171026_1_5.JPG

このように外へ出して使えます。

20171026_1_6.JPG

玄関からは、このクロークボックスが目隠しになって奥の方が見えません。

20171026_1_9.jpg

最後に、間取りを。

窓に面した部分を大胆にワンルームとしたプラン、

おうち全体が明るいリノベーションハウスとなりました。

 

=物件データ=

【場所】広島市中区小町

【構造/築年数】RC造 マンション/築38年

【平米数】67.2㎡

2017年10月 5日

着々と♩【小町】

こんにちは!

スタッフの川本です^^

 

小町の現場、着々と進んでいます!

前回のブログからちょうど1ヵ月。

現場は既に塗装中ですが、

今回のブログではこれまでの様子をお届け~

 

20171005_1.JPG

これ、なんだかわかりますか?

ボードが何枚も重ねられていますが...

こちらの正体は「断熱材」。

元々壁は薄い断熱しか施されていませんでした。

角部屋ということもあり、断熱性能アップしていきます!

 

20171005_2.JPG

こちらは大工さんが間仕切り壁をつくる途中。

今回のリノベのポイントでもある"長細い空間"の輪郭がだんだんと見えてきました。

 

たまたま左官屋さんも現場下見に来ていて、

皆さんとコミュニケーションを取りながら、

「ここはこうしてほしいんだけど...」

「じゃあこういう風に納めようか。」

なんて会話をしながら空間が出来ていきます。

 

20171005_3.JPG

このカーブした材料はなんでしょう?

建築用語では、このような丸い形を「アール」と呼びます。

表面、よくみると凹凸がありますね。

材料は木でできているのですが、、、

20171005_4.JPG

正解は、大開口の枠でした。

角をよく見るとアールになっています、ここの部分ですね。

ちなみにキッチンやパントリーとなる場所です。

 

今回のリノベテーマは"ヨーロッパの田舎"なので、

装飾的なサンメント材(モールディングと言ったりもします)を随所に施しています。

木製なので、色を塗るとかっこよく大変身する予感^^♩

 

またお届けします~

<   1  2

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ