BLOG

RE:FACTORYスタッフの日常。

ALL 2022コラム 物件探し その他 リノベ日記 コラム イベント お知らせ メディア 未分類

コラム

2022年8月 2日

【比較】陽に向かう家の照明を交換してみた

 

こんにちは。RE広報です!

本日のテーマはダイニング照明について。

先月、取材でモデルルーム「陽に向かう家」に
行ってきました。
明るい夕方から夜にかけて滞在したのですが、
照明の醸し出す、暖かい雰囲気にびっくりしたんです!
(初めて夕方にお伺いしました。) 

220802_5.jpg

陽に向かう家は「高級感」が大きなテーマ。
高級感を出す要素としては本物の素材づかい
何よりも大切にしたいところですが、
どうやら照明が一つのカギらしい...

というわけで!!今回は私の独断と偏見で、
陽に向かう家の照明を交換してみました!

しかし本当には変えられないので(笑)
イラストでやってみます。
うまく伝わるだろうか(・∀・)

他要素を消すため、モノクロにしました。

 

・シーリングライトver.

220802_4.jpg

部屋全体を満遍なく照らしてくれるのがシーリングライト。
光源が強いので、人工的印象は否めません...
すっきりとした雰囲気の空間になります。

 

・ペンダントライトver. 

220802_3.jpg

シェードから光が透けないタイプ。
ダイニングテーブル周辺を照らしてくれます。
室内全体を明るく見せることはできませんが、
さっきよりも暖かい印象。

220802_6.jpg
暖かさの要素としては「コントラスト」が必要らしい。
リビング照明のAPPLIQUE MURALE 2 BRAS PIVOTANTS
比較的このペンダントライトのように空間を照らします。

 

・ペンダントライトver. 

220802_2.jpg

同じペンダントライトでも、シェードが透けるタイプ。
ダイニングテーブル付近を照らすのは同様です。
それに加えて天井にも光が当たるので、その光が反射して
空間を全体的に柔らかく照らすことができます。

220802_7.jpg

実際設置しているIC Lightsはこれに近い要素をもつ照明です。
球状ですので、さらに均一的に柔らかい光をもたらします。

 

・ダウンライトver.

220802_1.jpg

天井に埋め込まれているので、
空間を広く見せることができるダウンライト。
複数設置することで空間全体を明るくします。
(照らす範囲はダウンライトの種類によって様々です。)

しかし、少しインパクトに欠けており
高級感ではないかもな...

  

今回は勝手に照明を交換してみたのですが、
設計士がこの照明を選んだ理由に納得。

皆さんはいかがでしょうか?