BLOG

RE:FACTORYスタッフの日常。

ALL 2022コラム 物件探し その他 リノベ日記 コラム イベント お知らせ メディア 未分類

コラム

2022年4月22日

【コラム】好みのテイストは...?

 

こんにちは

RE(アールイー)デザイナーです!

 

四月も終わりが近づいて

" GW "がやってきますね!

2日と6日を休めばなんと10連休に!!

仕事に行きたくなくなりそう...

なんて声もちらほら。

 

ここまで長い休みだと逆に何をするか迷いますね

私はGW中に植物を漁りに行こうかなぁなんて考えています!

皆様はどう過ごす予定でしょうか...?

 

さて今回は

「好みのテイストは...?」とタイトルにもありますが、

皆さんの好きな雰囲気を見つめ直すきっかけになる

コラムにしていきたいと思います!

 

を取り入れた穏やかでぬくもりある空間 <施工事例:K邸 円卓を囲む家

20220422熊谷邸LDK.jpg

戸建て住宅の一番のポイントともいえる、がしっかり見えるこちらの空間。
構造上取ることができない部分を活かし
あえてそれを空間のポイントとしました!
和室の名残を感じる天井はそのまま残し、
白を基調する洋風なキッチンとの対比に...

 

色使いも元々の木の色味合うように、
ぬくもりを感じるウォームカラーをセレクト。
どこが元からある部分か全然わかりません。
RE(アールイー)リノベの特徴です!!

 

「趣を感じられる、落ち着いた和テイストな空間はいかが?」

 

□シンプルながらも個性満載ヴィンテージ感のある空間 <施工事例:N邸 アウトドアライクな家

20220422西川邸LDK.jpg 

置きたい憧れの家具を念頭に置き、
それに合わせて空間づくり!
新しいというよりも、少し使い込まれたような味わいを感じます。
構造が見えることで、木のみの空間に良いアクセントをもたらし、
机の脚や窓のサッシを黒色で揃えることで、"無骨" ぽさを演出。

 

アウトドアが趣味の施主様にピッタリで、
置きたい家具とも相性抜群!
好きな雰囲気をつかんで、設計にしっかり落とし込みます。
置きたい、もしくは憧れている家具があればぜひ教えてくださいね

 

「どこかアウトドアライクなヴィンテージ家具が似合う空間はいかが?」

 

□トレンドに左右されないオーセンティックな味わいのある空間 O邸 オーセンティックな味わいのある家

20220422大井邸LDK.jpg

濃いめのフローリング材に、モルタル壁...
あえて "白" を感じない上質な空間。
家具や植物、絵や本...
たくさんの要素があってもごちゃごちゃしていない
それでいて無駄がない、唯一無二なリノベ空間!

 

モルタルの鏝ムラも感じられる空間は、
時間の経過で様々な表情を魅せてくれそう!
経年変化を楽しみながら
一緒に年月を重ねていくことのできる住まいです

 

「自分だけのこだわりが詰まったオーセンティックな味わいを楽しめる空間はいかが?」

 

リノベにも流行りのデザインや間取りはもちろんありますが、

世代を問わずに常に愛されるスタイルも確実にあり、

それをもとにご提案していきます。

流行りのスタイルが好きな方もいれば、

その逆もいます。

お一人お一人の感性を共有していただきながら

リノベーションを進めてまいりますのでご安心を...

こんな雰囲気が好き、この国の雰囲気が好き...

いろんな思いをお聞かせください!

 

さて今回は3つのテイストの空間をご紹介しました。

それぞれWORKSにて詳しく掲載しておりますので

ぜひご覧ください!

 

それではまた次回ブログにて。

----------------------------------------------------------------------------------------------

ご新規のお客様へ

  

いつも弊社ホームページをご覧いただきありがとうございます。

〈土日祝のご対応について〉

事前にご予約をいただいた方のみ、ご案内をさせていただいております。

また、土日祝は電話に出られないことが多いため、お手数ではございますが

お問合せフォームMAIL | RE:FACTORY (re-factory.jp)より

お問合せいただけますと幸いです。※後日、改めてご返信させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

-----------------------------------------------------------------------------------------------