BLOG

RE:FACTORYスタッフの日常。

OTHERSリノベーション暮らし

2021年6月 1日

【コラム】無垢床の事例を解説!

 

こんにちは!

RE広報担当です。

 

皆さまいかがお過ごしでしょうか。 

先週末は初夏を感じる良いお天気でしたね!

 

さて先週のBLOGでは、

REでよく使われる床材についてご紹介しました。

(まだ見ていない方は、コチラ!)

復習も兼ねて、今回は施工事例を元に解説していきます。

それぞれの事例にリンクを貼っていますので、

より画質の高い写真もご覧いただけます。

 

・無垢床を使った施工事例

 

⒈     K様邸 円卓を囲む家

210602_1.jpg

 

 古民家の懐かしい雰囲気が漂う、K様邸。

レトロな空気感をさらに高めているのが、

LDKに張られたオークのパーケットフローリング

(=小柄の床)

昔の学校の床を思わせます。

手前部分にはパイン(松)を使用し、ヴィンテージ感をプラス。

 

2.  O様邸 オーセンティックな味わいのある家

210602_2.jpg

オーセンティック(≒本物)

とあるように、素材の質の高さを感じるO様邸。

床にはアンティーク調に仕上げたオークを使用。

長年大切に使われてきたような雰囲気も感じさせます。

  

3.  K様邸 木箱のある家 

210602_4.jpg

やわらかな自然光が差し込むK様邸には、

明るいトーンのオークを使用。

ニュートラルなグレーと合わせて

優しい雰囲気を醸し出します。

明るいオークはREのお客様の中でも人気が高いです!

    

4.  S様邸 自然を望む家

210602_5.jpg

さわやかな海風を感じるS様邸。

床にはパインを使用。

少し古びた感じがなんともステキ!

映画のワンシーンに出てくるような

潤沢な雰囲気を感じますね^^

 

5.  T様邸 素材を楽しむ家

210602_3.jpg

どこかワイルドな渋さを感じるT様邸。

これぞ真骨頂といった、

うづくり加工をしたパインを使用。

濃い目の色で塗装しヴィンテージ感を高めています。

  

  

実際の事例を見ていただくと、

イメージが湧きやすかったのではないでしょうか。

素材を知った上で見る施工事例には

「ワクワクさせられるもの!」がありますね。

 

 

次回のBLOGもお楽しみに。

 

カテゴリ

アーカイブ