BLOG

RE:FACTORYスタッフの日常。

リノベーション工事の様子

2021年5月27日

【リノベ日記】vol.2 @牛田戸建て

 

こんにちは!

REスタッフの竹村です。

 

最近すぐに汗をかくくらい気温が暖かくなっているなと

感じています。

かなり暑がりで、汗かきなので夏は正直苦手です(笑)

 

私は週に2回在宅ワークを行っていますが、

家で仕事をするというのはかなり不思議な感覚です。

これが当たり前になるのもよくよく考えるとすごいなと...。

 

さて今回はリノベのポイントvol.2ご紹介します!

 

image牛田.jpeg

IMG_4194.JPG

▲壁の板張り

壁に板を貼っていきます。

"目透かし" と呼ばれる、板と板の間にわざと隙間を作る方法を採用!

目地底には木目に合わせて、木を貼っています!

職人さんが現場で寸法を測りながら、丁寧に作業しています。

目地の部分はすごく見える部分ではないですが、

手間を惜しまず、施工していきます。

 

IMG_4320.JPG

IMG_4304.JPG

▲床フローリング

先ほどの壁の板張りと統一感がしっかりある、床に仕上げます。

床材は無垢を使用しています。

素材にこだわるRE:FACTORYの特徴でもあります。

(前回Blogの【コラム】床材の種類 にて床材について紹介しています!)

無垢材は傷がついても、それが味わいに見える特徴があります。

床が変わると印象もかなり違ってくるので、

リノベーションをきっかけに無垢材を使いたいという声もかなりあります。

 

IMG_4196.JPG

▲ダイニングの一角

ダイニングの一角にあるこちらのスペースは、

冷蔵庫を置く場所です。

わざと袖壁を作り、視覚的に冷蔵庫を隠すよう考えられています。

設計をするうえで、現在お持ちの家具や、

これから買う予定のものなど、しっかりヒヤリングします。

これは、お客様の家具に合わせてサイズを決めることで、

唯一無二の住まいが出来上がります。

 

REのリノベーションの特徴を織り交ぜながら、

ご紹介しました。

いかがでしたか?

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

次回もお楽しみに!

カテゴリ

アーカイブ