BLOG

RE:FACTORYスタッフの日常。

インタビュー

2021年2月16日

【#REリノベのインタビュー】vol.4


210216_1.jpg

 

本日は「#REリノベのインタビュー」第4段です。

今回ご紹介するのは、西区横川のO様邸。

住まれてから数ヶ月、出来立てのおうちのご紹介です!

  

施主O様奥さまと設計担当・奥河内、川本のお話の様子です。

お仕事でご不在の旦那さまからもコメントが!ありがとうございます。

  

  

210216icon3.jpg

川本)本日は取材にご協力頂き、ありがとうございます。

早速ですが、リノベをしたいと思ったきっかけを教えて下さい。

  

210216_icon1.jpg奥さま)私自身は元々リノベが好きで、

以前から中古物件の情報を見たりして!

結婚してからしばらく賃貸に住んでいましたが、

ココはあくまで現在の仮住まいだと思い、

時期を見て夫にリノベの話を切り出してみました。(笑)

  

210216_icon2.jpg

奥河内)以前に住まわれていたところは、

わりと新しくきれいな感じでしたよね。

 

210216_icon1.jpg

奥さま)とてもきれいで設備も揃っていました。

せっかく家を"購入"するなら、

好きな雰囲気や間取りにできる、

リノベに挑戦してみたくて。

そこでREさんにお問い合わせをしました。

    

210216icon3.jpg川本)最初は新築とリノベで迷われていて

ご相談という方も多いですが、

"リノベがしたい!"と明確だったんですね。

因みにREを選んでいただいた理由も聞いてみたいです!

   

210216_icon1.jpg奥さま)施工事例が素敵と思ったのが最初。

それから、私たちがリノベを考える中で

"古い物件がきちんとしているか"がすごく心配で......

そんな時、検索していたら「テクシード※」を発見。

そこでリノベーションもしているのだと知り

これなら信頼できるなと!

 

210216_5.jpg

 ▲リビングとゲストルームの間には窓を設置し、採光と空間の広がりを 
 
    

210216icon3.jpg

川本)ありがとうございます。

ご信頼いただいた上でのご相談だったのですね。

そこから物件選び、打ち合わせを行なっていきましたね。

最初に、奥河内の家を見ていただきましたがいかがでしたか。

  

210216_icon1.jpg

奥さま)施工事例で見ていた時は"お洒落"すぎて

「使いにくそう!」が第一印象でした。(笑)

  

でも実際に行ってみると思った以上に機能的で。

お洒落だけど、全く無理がない印象でした。

お手入れもしやすいというイメージに変わりました。

 

奥河内邸.jpg

奥河内邸

 

210216_icon2.jpg

奥河内)見慣れないものは、難しそうに考えがちです。

特に無垢床や、モルタルは一見使いにくそう。

でも実はそんなに難しいことってないんですよ。

僕が何年も住んでいる家だからこそ

納得してもらえると思う。

 

210216icon3.jpg

川本)それから設計に入ったのですが、

ご夫妻にも好きなイメージを

スクラップしてもらいました。

実は私たちの中で、お2人の作品はとても印象的で......

というのも、ご夫婦別々で作られたのは初めてで!(笑)

 

210216_icon1.jpg奥さま)そうだったのですか!

確かに夫の方は変わっていたかも。

REさんのBLOGにも載っていましたよね。 

  

210216icon3.jpg

川本)個性たっぷりで!

海外の雰囲気が好きという共通点から、

私たちの設計のイメージにもとても役立ちましたよ。

 

210216_3.jpg

▲ダイニング正面にはモロッコ風に土塗りのギャラリー
スクラップブックのイメージからデザインしたもの

 

210216_icon1.jpg

奥さま)「この家具で、この色で」はありませんでしたが、

フワフワした中でも"好きポイント"を叶えてくれました。

最初におうちづくりについて触れないヒアリングがあり、

趣味や好きなものをお話しする機会があったからなのでしょうか。

         

210216icon3.jpg

川本)関係ないことも話ましたよね。(笑)

フランクに話せる関係を築くことは私たちにとっても大事です。

Oさんが実際に暮らしてみての発見はありますか。

お気に入りの場所があれば教えてください!

 

210216_icon1.jpg

奥さま)このダイニングがお気に入りで。

ソファーの方が座り心地良いはずなのですが。

1人でぼーっとしている時も、

夫婦でお酒を楽しむ時もなぜかここにいますね。

正面の窓からの景色もここから見るのが好きです。

 

210216_2.jpg

▲木製のオーダーで制作したダイニングキッチンは斬新ながら、

空間に馴染むハイスペックなデザイン

  
 

210216icon3.jpg川本)羨ましい!確かに開放的で良いですよね。

私もここに住んでいたら、休日は日中からお酒を楽しみたい!

  

210216_icon1.jpg奥さま)あとキッチン奥のドアも良かったです。

部屋を一周ぐるりと回れるのは本当に便利ですよ!

  

210216_icon2.jpg

奥河内)僕の家と同じですよね!

ベットから扉一枚、すぐに冷蔵庫に行ける(笑) 

先程の話、今後景色を活かした間取りにするなら

"ソファーがない暮らし"を提案するのも良いかも!

「テレビはソファーで見るものだ!」という

固定概念にとらわれなくても良いですよね。

 

210216_4.jpg 

▲窓からの景色が最高!

柔らかい光と吹きぬける風、何とも爽やかな雰囲気

  

210216icon3.jpg

川本)それでは最後に、

リノベをした中で感じたこと

これからリノベする方に、

アドバイスがあれば是非教えて下さい!

   

210216_icon1.jpg

奥さま)夫から聞いていることを話しますね!

やりたいことは思いつくままに言ったけど、

親身になって考えていただけるのが嬉しかった。

(設計士2人と一緒に)この4人で住むのかな!

「自分の家をつくるの!?」と感じるほど。(笑)

 

それからリノベをされる方へ

とにかく騙されたつもりで相談してみてほしい。

魔法使いみたいな存在で、

ネガティブな問題はだいたい解決してくれる。

旦那さんも興味がなくてもモデルルームを見てみよう!

とのことでした。

                          

確かに最初は私主導だったのですが、

モデルルームを見て旦那も一目惚れで。

すっかりやる気になって色々調べ始めました。

    

210216_icon2.jpg奥河内)魔法使い!!

あの「リノベと関係ないヒアリング」をした日から

景色を見ながらお酒を楽しむ姿を想像しました。

結果、Oさまの好きな雰囲気づくりができて

本当に良かったです。

 

210216icon3.jpg川本)こんなに喜んでもらえて!

私もすごく嬉しいです。

これからギャラリーの装飾品や

ギャッベがプラスされていくんですよね。

今後も楽しみです。

それでは、本日はありがとうございました。

 


 

 

 

 

カテゴリ

アーカイブ