BLOG

RE:FACTORYスタッフの日常。

OTHERS

2021年2月 1日

【RE:check】パース編

こんにちは!

スタッフの竹村です。

 

最近は寒かったり、暖かかったり、天気が気分屋で

毎日振り回されているような気分です(笑)

元々インドアな私ですが、あまりにも自粛期間が長いせいで、

遠出をしたいと思うことが増えました!

きっと元からアウトドア派の方はもっと外出が恋しいんだろうな...とか考えます~

 

さて、今日は私たちRE:FACTORYのスタッフがどんな仕事をしているのか、

少しご紹介したいと思います!

 

今回はコチラ↓

ポートピア宇品1003アングルパース.jpg

 

これは "パース" と呼ばれるもの。

私たちは、お客様と何度も打ち合わせを行い、設計を進めていきますが、

その設計プランをお客様にご提案する際に、より分かりやすく説明するため、

また、イメージが湧きやすいように、この "パース" を資料として用意します。

 

今回は実際にトレーシングペーパーに描いたものと色を付けたものを...↓

 

パース 線画 全体.jpg

 ↑この1枚目で8割くらいが完成

パース 線画 照明・緑.jpg

 ↑照明、観葉植物など細かい小物等も描きます

パース 線画 木目.jpg

 ↑床のフローリングの木目

 

上3枚の写真、どれもトレーシングペーパーに描いたものですが、

一枚にすべてを描くのではなく、木目や照明などを分けて描きます。

これは後から色を塗りやすくする、PC上で修正しやすくするためです。

 

そしてこの3枚をPCに取り込み色を塗ったものが冒頭にも見ていただいたコチラ↓

ポートピア宇品1003アングルパース.jpg

 

一番見せたいLDKの部分をアングルパースで描きました。

パースは基本的に一番見せたい、設計のメインとなる部分を「アングルパース」、

そして全体を見るための、間取りを上から見たような「鳥瞰パース」、

この2つを描きます。

 

皆様いかがでしたか?

パースを見るとよりおうちの雰囲気やこだわりがわかりやすくなります。

私自身もパースを描くのが楽しくて、お客様が自分の描いたパースを見ることを想像したり、

実際に工事が終わり完成するとパースを描いた時のことを思い出します。

 

いつものBlogとは少し違ったお話をしてみました。

興味を持っていただけると幸いです♪

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

次回もお楽しみに~

カテゴリ

アーカイブ