BLOG

RE:FACTORYスタッフの日常。

2021年1月

2021年1月27日

【リノベ日誌】vol.1 @呉戸建て

こんにちは!

スタッフの竹村です。

さて、新しく年明けからスタートしている現場の様子をご紹介したいと思います。

O様邸は、戸建てのリノベーションになります。

コチラが設計段階のLDKとピアノ室のパース↓

PS大石原邸東側【変更後】パース.jpg

ピアノ室.jpg

今回の計画のポイントは"LDK"と"ピアノ室"。

パースを見ていただくとよりわかりやすいと思いますが、元々ある木の柱や筋交いが見えるよう設計されており、温かみのある雰囲気が印象的なイメージです。

 

キッチン背面の壁は一面アクセントとして施主様ご自身で塗装をする予定です。

ご自身のDIYが加わることで、よりおうちへの愛着も増して、また違った変化を楽しめそうですね!

 

ピアノ室は、ステージっぽく照明の位置を考えていて、本なども置ける収納としてベンチを製作予定です。

この部屋は壁が少し黄味がかった色の織物っぽいクロスを予定しており、LDK以上に柔らかい雰囲気になりそうです。

 

それでは工事の様子を見ていきましょう!

解体終了後、木工事が始まったばかりの現場です。

IMG_1784.JPG

▲1F吹抜部分

既存の2F窓から光が差し込み、1Fに届きます。

梁が見えていますが、これはそのまま残して工事が進みます。

吹抜により、高さが確保できるので、より広く明るいLDKになります。

 

IMG_1827.JPG

▲LDKをキッチンから

冒頭のパースでいうと、キッチンから見たLDKはこんな感じです。

写真中央部に床下が見えている箇所がありますが、実はここはデスクスペースになる予定です。

(パースも見ていただけると幸いです)

 

IMG_1842.JPG

▲ピアノ室

手前のブルーシートが敷かれている部分がピアノ室です。

まだこの写真だとイメージがつきにくいと思いますが、この部屋はクロスや天井部分などお施主様のこだわりが詰まった空間となっていますので、ぜひBlogを通して、出来上がっていく過程をお届けできたらと思います。

 

IMG_1852.JPG

▲外観

コチラが外観の様子。

建物の右側(東側)がLDKのある部分、左側(西側)がピアノ室がある部分。

お庭も広く、ピアノ室の前はデッキになっています。

 

いかがでしたでしょうか?

戸建リノベーションはマンションリノベーションとは規模や構造も異なるので、その違いをお届けできたら...と考えております。

O様邸の様子は随時Blogにてご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください(^^)

最後まで読んで頂きありがとうございます。

次回もお楽しみに~

2021年1月26日

【#REリノベのインタビュー】vol.3

 

20210125-1.jpg

  

本日は「#REリノベのインタビュー」第3弾です。

今回ご紹介するのは、佐伯区のO様邸。

現在お住まいのマンションをリノベーションされ、約5年が経過しました。

  

施主O様ご夫婦と設計担当・奥河内、川本のお話の様子です。

 

210125icon2.jpg 川本)本日は取材にご協力いただきありがとうございます! 

 Oさんは、住まれてから5年経ちますね。  

早速ですが、リノベーションのきっかけを教えていただけますか。 

  

210125icon4.jpg

奥さま)きっかけは、壁の汚れが全体的に気になってきていたので(笑)

独立型の台所も暗くて。

子どもたちも大きくなったので良い機会かなと。

  

210125icon3.jpg

旦那さま)そう。うちは子どもが男兄弟で壁も汚れて壁紙の剥がれもありました。

あと、会社を独立したので自宅に事務所として使えるスペースが必要でした。

そのため部屋を仕切りたかったというのもきっかけの一つでしたね。

 

20210125-2.jpg

RE後のキッチンは開放感と門型のフレームにより程良く個室のような空間に。

  

210125icon2.jpg

川本)お子様も大きくなって、ちょうどよいタイミングでしたよね。

その時、なぜ当社REを選んでいただけたのでしょうか。

 

  

210125icon4.jpg

奥さま)1番は人柄ですね!

あと施工事例を見てすごく気に入りました。

これも素敵、あれも素敵ってなって。

 

210125icon3.jpg

旦那さま)時間がかかることだから...

寄り添ってくださる感じが本当に安心できました。 

 

 

210125icon2.jpg

川本)嬉しいです!実際に計画から約1年かけて

一緒におうちづくりをしましたよね!

奥さまはREを探す前が大変だったとのことでしたよね、色々回られて。

 

210125icon4.jpg

奥さま)それまではリノべについてもよく知りませんでした。

今はリノベの雑誌がたくさんありますよね!

当時は今ほどなかったと思います。

空.jpg全てネット頼みで、はじめは注文住宅の会社を探して。

その会社にこんな風にできますか?という感じで。

 

210125icon3.jpg

旦那さま)時々見に行っていたよね。新築のモデルルームだったかな?

でもリノベーションは手がけていませんと言われてしまって。 

  

210125icon4.jpg

奥さま)部屋を上手に仕切ってくれるという点からも探しましたが、

パネルを間仕切りに提案してくれるところばかりで、自分の理想とは違いました。

そんな時ネットでREさんを見つけて

施工事例などを見たところすごく良い!と。

 

20210125-3.jpg

リビングと事務所の間には窓を設置。必要なときはブラインドを閉めて。

 

20210125-4.jpg

 事務所・書斎側から。

  

210125icon1.jpg

奥河内)確かにまだリノベーションが浸透し始めたばかりでした。

主流の考え方ではなかったですよね!

 

  

210125icon3.jpg

旦那さま)REさんのパンフレットを見て、こういうこともできるのかと。

結論何でもできるのか!(笑)

 

 

210125icon4.jpg奥さま)そうそう、元々はこのスペースに合わせて家具を探してという発想だったけど、

家具におうちを合わせてくれるんですよね。

奥河内さん宅ではじめてリノベーションされたおうちを見ることができました。

空.jpg      

ご夫婦)あの家がとってもよかった!カッコよかった! 

  

210125icon1.jpg

奥河内)僕の家もある程度生活感が出ていたので、

リアルな経年変化がよかったかもしれませんね。

お客様にせっかく見ていただくのであれば、自分の家がいいなと。

 

210125icon2.jpg

 

川本)実際リノベーションをしていく中で印象に残っていることはありますか。

 

  

210125icon4.jpg

奥さま)施工前にイメージパースを頂いたのですが、

具体的な雰囲気、木の色や質感などもイメージしやすく、

ほぼそのまま出来上がって。

びっくり!!大切に取ってありますよ。

 

  perspective210126.jpg

 

210125icon2.jpg

川本)私たちも喜んでいただきたいと思い、力を入れている部分です。

イラストの段階で気に入ってくださる方が多くて!

好きなものが似通った方が多いのかな?(笑)

 

210125icon4.jpg

奥さま)それから工事している時、

マンションの理事の方も良い会社に頼んだね!といってくれて。

実際工事に来ていただく方もとっても良い人ばかりでした。

 

20210125-8.jpg

 

210125icon2.jpg

川本)それでは住んでからどのように楽しんでいるのか、

改めて教えていただけますか。

 

 

210125icon3.jpg

旦那さま)お風呂が楽しいんですよ!窓がついていて。

1番リラックスできる場所です。

本当に居心地が良くなりましたよ。

  

210125icon4.jpg

奥さま)もうすごく気に入ってるよね〜!

私はキッチンが自分の部屋みたいで1日中あそこにいます。

あと、大好きなお花のレッスンもいつか自宅でできたらと思っています。

それもリノベーションで綺麗にしてくださったからこそ夢が広がったというか。

 お客さんにも「すごーい!素敵!」と言われてすごく嬉しいです。

 

20210125-5.jpg

窓には寝室側に引き戸がついており、開閉可能でプライバシーにも気遣っている。

 

20210125-6.jpg

部屋の各所に奥さまの趣味の植物の数々。

 

210125icon2.jpg

川本)にやけちゃいますね。(笑)

最後にこれからリノベされる方にアドバイスはありますか。

 

 

210125icon3.jpg旦那様)「こういう感じに」という具体的なイメージが大切だと。

色々なものを見て、写真や本で知識を入れるのも良いと思います。

僕の場合はホテルに行くことが多いので参考になりました。

理想やイメージが0だと、あとから後悔してしまうかも。

何回もできることではないので。

 

210125icon4.jpg

奥さま)私は何回でもしたいくらい(笑)

リノベって良いお仕事ですね!

 

 

210125icon1.jpg

奥河内)ありがとうございます。

僕たちもO様のように大切に感じてもらえるよう、

これからも家づくりをしたいと思っています。

  

210125icon2.jpg

川本)貴重なお言葉をいただけて良かったです!

本日はありがとうございました。

  

20210125-7.jpg

→ 【WORKS】O邸  暮らしを縁取る家

 

2021年1月19日

【リノベ日誌】vol.2 @ 宇品賃貸MS

 

皆さま、こんにちは!

 

先週に引き続き、宇品の賃貸マンションの工事の様子をお届けします。

現在工事中の2軒を順番にご紹介しています。

部屋ごとに造りが異なりまして、今回ご紹介するお部屋はB号室とします。

 

210119-4.jpg

 

B号室のリビングダイニング部分。

A号室とはまた違った印象です。

(違いを見比べてご覧ください!

 

210119-2.jpg

 

キッチン部を他の角度から。

ゆったり広いキッチンになりそうですね。

 

210119-8.jpg

 

こちらはリビング。

奥は目透かし天井の張られた和室。

 

A号室とはこちらも違いますね、

元々あった和室との間の壁が取り除かれています。

B号室ではイメージの様に窓が新設される予定です!

(※実際のイメージとは異なります。)

 

写真からわかる通り、明るい日差しが入るこちらのお部屋。

窓をつくることで、この明るさを活かしながら開放的な空間に。

  

WORKSやBLOGでご覧いただける施工例の中でも

部屋間に窓を設置しているおうちが多いです。

それぞれどんな窓なのか...ぜひ過去の事例もご覧くださいね!

 

最後にプチ【RE:豆知識】。

210119-1.jpg

 

210119-5.jpg

  

上の2枚の写真。

コンクリートが2色に分かれています。

これは、コンクリートの表面を平滑にするために、レベラ―を塗った状態です。

(レベラ―とは、フローリングをより平らに敷くための材料です。)

 

210119-6.jpg

 

平滑になったコンクリートの上に、このような遮音マットを敷きます。

この遮音マットを敷くことで、下の階へ音を響きにくくしています。

 

210119-7.jpg

  

今回は宇品の賃貸マンションB号室の工事の様子をお届けいたしました。

2軒を並行してご紹介していきますので、どうぞお楽しみに!

 

来週はREリノベのインタビュー第3段です!

今回は住まれて数年がたったおうちの取材をさせていただきました。

住み慣れた暮らしの様子もご覧いただけるかと思います。

 

 

 

2021年1月13日

【リノベ日誌】vol.1 @ 宇品賃貸MS

 

こんにちは!

  

先週は広島市内もわずかながらも雪が積もり、寒い日が続きましたね。

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

  

私は常にコーヒーなど温かいドリンクを片手に過ごしております。

(最近は甘酒にもハマっています...!なかなか美味しい!)

 210113-8.jpg

本日の内容は宇品・賃貸マンションの工事の様子です。

  

施主はマンションのオーナー様で、工事中の2軒を順番にお届けいたします。

部屋ごとに造りが異なり、今回ご紹介するお部屋はA号室とします。

 

210113-1.jpg

 

元々は南側に和室3室が並んでいました。

細かく仕切られた和室は少し狭く感じますね。

①②の部屋を一つにし、広々としたリビングダイニングにしました。

 

210113-3.jpg

 

こちらは③の和室。

天井は目透かし天井※です。

(※板と板の隙間を少し開けて天井板を張る、和室ではポピュラーな方法。)

 

210113-2.jpg

 

②の元和室。

先程の和室と同じ天井構造でしたが、

天井構造部を取り除き高さをUP!

上下の画像を見比べていただくと開放感の違いを感じることができますね。

 

210112-4.jpg

 

女性スタッフがいる画像左側はキッチン。

南向きの明るいキッチンカウンター、完成が楽しみです。

 

210112-5.jpg

 

210112-6.jpg

 

異なる角度からキッチンを撮影してみました。

こちらの物件ではお部屋の中心にキッチンがくるようです。

 

210113-7.jpg

 

今回の工事では、床下に配管せずキッチン部の周りにパイプを巡らせています。

 こうすることで、他の部屋とキッチンの高さをフラットにすることができます。

 

次回のBLOGではリノベ中の同マンションの別物件をご紹介いたします。

造りの違う2物件の出来上がりを順次追っていきます。お楽しみに!

 

2021年1月 7日

【RE:check】"お気に入り"でリノベ!

  

皆さま!

あけましておめでとうございます。

 

広報担当です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 20210107-5.jpg 

 

新年最初のBLOGということで、

【RE:豆知識】をお届けいたします。

 

ところで昨年BLOG内でいきなり開始しました【RE:豆知識】。

皆さまご覧頂けましたでしょうか?

 

【RE:豆知識】では

RE:FACTORYで実際にリノベを行う中で、

「ココは皆さまに見ていただきたい!参考になる!」というお役立ち情報や、

リノベを楽しむアイデアをお届けしています。

 

イラストなどを取り入れながら、ゆるくやっていきますので

ぜひ楽しんでご覧いただけると幸いです。

 

 

それでは早速。今回はリノベをより楽しむちょっとしたアイデア。

『  "お気に入り" でリノベがさらに楽しく。 』です!

 

 

昨年 "リノベ" っていいなと改めて感じさせられたポイントがありました。

それは、「お気に入りの家具を基準に考えたリノベ。」

 

実は当社のホームページ【WORKS】よりご覧いただける施工事例、

ほとんどの場合、家具が入った状態で撮影を行っています。

 

その理由は、家具が入った状態でリノベが完成されると考えているから。

施主さまそれぞれカラーを持った暮らしの様子を垣間みることができます。

 

20210107-4.jpg

 

モデルルームとしても使用されている奥河内邸を筆頭に、

お気に入りの家具の数々がおうちの魅力をさらに引き立てています。

 

 

 

"将来購入を考えている憧れの家具"や、思い出深い"暮らしの道具"たち。

REのリノベーションでは、そんな自分の"お気に入り"を主役におうちづくりを考えていることもしばしば。

 

「前の家で使っていたこのチェスト、リノベの家でも使いたい!」とあれば

そのチェストを活かした周りのサイズ展開から考えることが出来ますよ。 

 

  

20210107-1.jpg

▲インテリア関係のお仕事を持つ、K様邸のダイニングテーブル。

無垢材の床と調和のとれた素材感とデザイン性。K様流石のセレクト!

 

  

 

ここで、比較的取り入れやすいアイデアを一つ。

空間を彩る、照明です!

リノベーションでは天井高を上げることも可能な場合が多く、

憧れのペンダントライトや大型の照明をつけることも出来ますよ!

(下のイメージ写真は全てマンションです。)

O様邸vol.4.jpg

20210107-2.jpg

20210107-3.jpg

 

    

REでは初期のヒアリングで皆さまのイメージを伺っています。

(オリジナルのスクラップを作っていただき、より深いイメージの共有をします。参考記事

  

「この家具を購入したい。」「お気に入りの家具があるんです。」など

皆さまならではのアイデアをぜひぜひお聞かせください。

 

 

 

1  2   

カテゴリ

アーカイブ