BLOG

RE:FACTORYスタッフの日常。

リノベーション賃貸リノベ

2020年12月 1日

【RE:豆知識】マンションに無垢床を。

O様邸床①.jpg

 

皆さまこんにちは!

RE広報担当・小池です。

  

朝晩の冷え込んでまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

  

  

さて今日は【RE:豆知識】と題しまして、

 

"床の張り替え"技法の一つをご紹介していきます!

  

  

先日からご紹介しております、O様邸。

  

O様邸でも、無垢材のフローリングに張り替えを行っています。

無垢材のフローリングは、温かい雰囲気と経年変化による味わいがとても素敵。

  

リノベーションするなら無垢の床にしたい!という方も多いです。

 

O様邸床⑤.jpg

O様邸床③.jpg

▲O様邸床張りの様子

  

今回ご紹介するのは、「二重床技法 = 置き床技法」。

「フリーフロア」と呼ばれることもあります!

  

O様邸で使われているのもこちらの技法です。

 

O様邸床④.jpg

▲二重床技法を使った床の断面図

   

 

コンクリートの床 ▷ 支持脚  ▷ パーティクルボード

▷ラーチ合板(針葉樹合板)▷ 無垢床

   

   

「二重床技法」とはコンクリートに直接床材を張らず支持脚の上に床を組み、

その上にフローリングを張っていく方法です。

  

O様邸床⑥.jpg

▲パーティクルボード=木のチップを圧縮した板のこと

 

O様邸床⑦.jpg

▲支持脚

支持脚のゴムで"遮音性"を高めます。床材の下に均等に配置され床を支えています。

  

  

この技法を使う理由は...

  

1.マンションの防音性の規定をクリアするため

  

マンションでは建築基準法のより防音規定が定められています。

使用する床材の遮音等級にも決まりがあります。

  

  

2.配線や配管を変更するため

  

新しい生活動線に合わせキッチンなどの位置を変更したい!

そのような場合、配線や配管を変えるために床を上げる必要があります。

  

  

  

マンションの床張りについて、いかがでしたでしょうか。

  

REでは"建物のお医者さん"の目線で、物件探しからお手伝いできます。

お気軽にご相談ください!

 

 

カテゴリ

アーカイブ