BLOG

RE:FACTORYスタッフの日常。

リノベーション

2018年8月24日

そこにある魅力【己斐東】

こんにちは、スタッフの清水です。

お盆も過ぎて気づけばもうすぐ9月ですね。

みなさんはどちらかにお出かけされましたか?

私は、おさいふとの厳正な打ち合わせの結果、

「ぶらり!ひろしま徒歩旅行」をチョイス!もはやこれ一択でした 笑

詳しくは改めてお届けしますので気が向いたら見てやって下さい(^^)

さてさて、己斐東にて新たな現場がスタートしております!

20180824_1.jpg

8月終わりといえどまだまだ暑いですよね!

そんななか現在、職人さんたちは解体工事の真っ最中。

今回のおウチは"戸建リノベーション"です!

見どころはたんまりにんまりありますが、なんといっても

「木造の構造材をデザインに活かした2階のLDK」がポイントです☆

↓↓イメージパースがこちら

20180824_6.jpg

ネックだったおウチの真ん中にある「階段(室)」。

その上部や目線の高さの部分をガラスにすることで、分断されていた空間をひとまとまりに!

これまでは隠れていた、「梁」や「柱」といった構造材を表しにします。

天井をつくらないことで、天井高は高いところでおよそ3.4M ♪

ダイナミックかつ開放的な、ワンルーム感のあるLDKへ変身しちゃいます・・・

20180824_3.jpg

↑もともとの天井を取ったところ

個人的には"カッコいい"のひと言。大好物です。

20180824_4.jpg

ちょうどスタッフ奥河内の頭上あたりに、

断面が丸い、横を向いた木材があるのが分かりますか?

こちら、建物の構造材のひとつ、「梁」の一種で「丸太梁」といいます。

「梁」の断面は長方形のものが一般的です。

というのも機械でカットしやすいのが1つの理由で

そうすると、「柱」など他の部材との接合にあたって効率的だからなんです。

一方、その点で丸太梁は手作業でのカット。手間がかかることもあって現在の

新築住宅ではあまり使われていません。

「木」本来の生命感が感じられる、「丸太梁」のあるおウチに

できるのもリノベーション住宅ならではの魅力の1つでしょうか。

20180824_5.jpg

リノベーション計画、続きます!

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ