BLOG

RE:FACTORYスタッフの日常。

リノベーション

2018年3月30日

戸建てリノベの面白さ

こんにちは!

スタッフの川本です(^^)

暖かい日が続きますね~☀

鳥の鳴き声からも春を感じられる今日この頃。

今週末はお花見される方、多いんじゃないでしょうか?

ちなみに弊社の周辺もすっかり見頃を迎えています❀

20180330_1.jpg

 

さて、先日、

中古物件探しで出会った、

中古戸建ての「ホームインスペクション(住宅診断)」へ行ってきました。

以前のブログでも少し書いてますが、

20180330_2.JPG

レーザーを使って建物の傾きを調べたり、

(真ん中の黒い機械がレーザーです)

20180330_3.JPG

著しい劣化やひび割れがないかを調べたりします。

☝写真は、基礎のひび割れがないか見ているところですね。

 

リノベしたいな~と思った物件をインスぺクション(診断)すれば、

納得して物件を決めることができますし、

その後のリノベを進めて行く上でも、私たちも安心です。

 

...最近感じることですが、

以前よりも戸建てリノベを希望される方が増えているように思います。

理由は様々ですが、「マイホームはやっぱり戸建てに憧れがある」とか「両親の家を譲り受けて...」とか。

なので、今回はリノベ事例と合わせて「戸建てリノベ」の魅力をお伝えしたいと思います♩

 

20180330_4.jpg

光の届く家

マンションは、立地が良い分、【駐車スペースの確保】が難題。

マンション内に駐車場の空きがない場合や、近隣で借りても街中は高値であったり。。。

そんな時、戸建てだと立地は郊外になりがちですが、

「絶対に車が必要ー!」という車持ちの方は便利です。

ちなみにマンションリノベの場合、潔く車を手放してカーシェアリング♩

なんて方も増えてきていますよ。

 

20180330_5.jpg

円卓を囲む家

こちらは、当時築56年の戸建てをリノベしました。

ご覧のとおり、欄間や木製の引き戸、床の間など...

元々の古家の持つかっこいい要素=【ヴィンテージ感】を活かしながら

床はフローリングなど...現代の生活スタイルに合わせています。

築年数が古くても、定期的にメンテナンスされていた建物であれば

このような"古いものにしか出せない味"のある空間をつくることができます。

ラッキーなことに、ここのお家の方は

元々置いてあったビンテージ家具もGet!して使われています。

 

20180330_6.jpg

アウトドアライクな家

さいごに、やっぱり戸建てといったら【庭】!

ウッドデッキ、マイホームの憧れですよね~。

バーベキューしたり、植物を育てたり...

子育て世代の方は、土遊びをさせたいと言われる方も。

 

そもそもお子様がいらっしゃる方は、

戸建てなら1階なのでドタバタしても気にならないとか、

あとはペット!

犬や猫を自由に飼うことができるとか...

いろんなメリットがあります。

 

マンションリノベも良いけれど、戸建てリノベもなかなか魅力的です◎

「どっちが自分に向いてるかなー?」と悩まれてる方は参考にされてみてくださいね(^o^)/

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ